ついに。

E-3

ついに。

E-3

ついに来ました、E-3っ!

E-3

もうね、ついに来ましたよ。
E-5がリリースされて型落ちになったとは言え、さすがに新品は買えませんでしたが、
状態の良い中古のがお手頃価格だったので、思い切っちゃいました。
シャッター回数は11400回ほど。
公称15万回まで耐久性があるというから、まだまだ使い始めって感じかな。
シャッター音も、3桁機とは全く違う音。
うるさくは無いが、しっかりした音。うーん、ステキだー。

E-3

やっぱり見やすい、大きなファインダー像。
方眼マット仕様のフォーカシングスクリーンが付いたブツをゲットです。
構図を決めるのに、水平を取るのに役立ちそう。

情報窓も便利です。
シャッタースピード、絞りはもちろん、撮影モード、
ホワイトバランス、AFポイントなど、様々な情報を確認できます。
上級機には必ず付いてますもんねー。
こんなトコも、テンション上がるポイントですよね。

E-3

最大5段分の補正効果がある手ぶれ補正機能も凄い!
室内での試し取りで、意識してカメラを揺らしても補正してくれてる。
その強力さが、かなりハッキリ確認できる感じ。

そして、何より剛性感が凄いっ!
今まで、何台もの入門機ばかり(笑)を使ってきたので、
このずっしりした重量と、マグネシウムボディの塊感が、
明らかに上のランクを感じさせます。
ZD ED50-200mm F2.8-3.5のような重いレンズでも、グッドバランスです。

E-3

そして、防塵防滴機能は水ぶっ掛けて試せないけど、
電池蓋、メディアスロットカバーも含めて、しっかりシールされてる。
これで雨が降っていても、安心してカメラを持ち出せそうですよ。
雨を避けて撮れなかった被写体も撮れるようになる。

そう、大げさではあるけど、あの名コピーは伊達じゃない。

「もう、撮れない世界は無い。」