日テレ取材班2人遭難死…ガイドの忠告無視軽装で山中へ#スポーツ報知# - livedoor ニュース

台風で海が時化てるときに、防波堤近くで中継したり、
映像に臨場感を出そうとするテレビ。
当事者にコメントを貰うために、人の心を考えずにマイクを向ける取材。
見た目のインパクト欲しさに、映像を捏造する取材手法。

テレビ局は、スポンサーが付かなきゃ売り上げ上がらないし、
スポンサー料に直結する視聴率を上げるために、
出来ることはなんでもする印象があります。
それが良い事でも悪い事でも・・・。
モラルが無い人は、一部の人だけかも知れませんが、
警察と同じくらいの正義感が必要な職業だと思うんですよね。

今回、遭難して亡くなった2名の方は、どうだったのかな。
ガイドさんは止めたと言っていますが、2名は山に戻ってしまった。
そして、十分な装備がないことも原因なのか、亡くなってしまった。
うーん、実際にガイドさんが止めたかどうかは、
証拠がないって話になるかも知れませんが、軽装で山に入ったのは事実。
十分な装備を用意する時間も惜しんで、現場の映像とか、
インパクトのある映像(現場の映像)を撮りたかったのか。
スクープが欲しかったのか・・・。

無理をし続けないと、ダメな状態で仕事をしなくちゃいけない状況。
命にかかわる、かかわらないという違いはあるけど、
どこの会社でも、多かれ少なかれ、そんな状況があるんじゃないかなぁ。