オリンパスの写真講座に初参戦してみた。

講座は「人物撮影テクニック」。
プロカメラマン、土屋勝義さんが講師です。
土屋さんは、先日のCP+でも講義を受けた方。

こういう講座に出るとき、実際に撮影するときに、
どういう設定にすれば、どうなるのか、
こんな結果になったときにはどうすればよくなるのかってことが
一番知りたい。・・・と思う。

でも、今日はそういう話じゃなく、意識の話をされていました。
「モデルさんとのコミュニケーションがとても大事」とか、
「撮影時の各種情報(SS、絞り、ISO感度など)を意識して撮影すること」ですね。
特に、コミュニケーションに関しては、重要性はとても分かるものの、
「いかにも〜」な感じのカメコみたいな声掛けは恥ずかしいし、
そうしなきゃ撮れないことは無いと思うのですが・・・。
とにかく、1対1でないなら、普通の会話って感じにはいかないだろうな。
そうなると、気恥ずかしさが一番の壁だったりして。(笑)
そして「撮影時の情報」は、普段の撮影で常には意識してないです。
というか、特別な意図が無い限り、絞り優先かプログラムオートで
撮影しているので、シャッタースピードを強く意識していませんでした。
でも、それを常に意識することで、撮影に幅が出来るようです。

うーん、この一回の講座でズバッと変わることは無いと思いますが、
次のステップに行くために、脱素人を実現するために、
色々吸収しなきゃですね。

ちなみに、日曜日には実践編があります。
実際に、モデルさんを撮影してきますです。

さて、どうなることやら。