総務省、携帯電話端末の「SIMロック」について公開ヒアリングを開催

携帯電話の話題です。

日本の携帯電話は、第三世代になってからSIMカードが
電話番号を持つような形態になっており、SIMカードを差し替えることで、
簡単に機種を変更することが出来る。
複数の端末を持っている場合、TPOに合わせて端末を変えられる。
また、電池切れに備えた予備端末として利用も出来る。
あ、SIMカードってのは、docomoで言うFOMAカードの事ね。

でも、本当の便利はこんなもんじゃないんですよ。

日本では、SIMロックという機能によって、
docomoのFOMAカードは、docomoの端末でしか使えない。
しかし、諸外国ではその制限がないので、
好きなキャリアと契約して、好きな端末を使えるのですよ。
docomoの電波(ネットワーク)でiPhoneが使えたらなーって、
思ったことないですか?SIMロックがなければ、それが出来るんですよ。

まぁ、これが日本で採用されていない理由として、
iモードをはじめとするWebサービスが、キャリア毎に大きく異なり、
端末のメニューなどの設計が、それに依存するという話になってたそうだ。
第三世代に移行するタイミングかなんかで、
SIMロックの問題は話し合われたらしいんだけど、物別れに終わったそうです。

もし、今後、SIMロックがない端末が発売されたら、
日本の携帯電話業界も、かなりの変化がありそうですよね。
キャリアは回線のみ、家電・電器メーカーが端末を販売。
メーカーにとっては、キャリア毎に違う端末を用意しなくて良いので、
開発費が抑えられるだろう。
キャリアにとっては、純粋にサービスのみで商売が出来る。

固定電話もキャリア(NTTなど)は回線のみで、電話機は電気屋さんで買う。
携帯電話もそうなったら、もっと洒落た端末が出来そうなんだけどな。