オリンパスが新しいデジタルカメラを発表しました。
小型・軽量で人気のPENシリーズに追加されるのは、さらに小型化されたE-PL1。
発売開始は3月5日だそうです。
なんだか、「それで良いのかなぁ・・・。」って感じです。

PENデジタルの初代、E-P1が発売されたのは、2009年7月3日。
まだ、1年経ってもいないのに、もう3代目が出ました。
EVFに対応した2代目、E-P2が出たのも2009年12月4日です。
わずか3ヶ月でE-P2は型落ちです。有り得ないぞ。。。
新製品を次々発売するのは良いけれど、ちょっと早過ぎでは?

初代E-P1を買ったユーザは、わずか半年でEVF対応のE-P2が発売され、
「えーっ、ちょっと待てば良かったか?」と思ったんじゃないかと思いましたが、
今回は、さらに短い3ヶ月。
あれだけ次々新製品を発売していた携帯電話だって、
今じゃ新製品発売が約半年スパンになったのに・・・。
こんなに急いで新製品をバンバン投入しなくちゃいけないのか?
特に大きな変化(コンセプトの違い)も無いのに・・・。

E-PL1は、E-P2に多少性能が劣るものの、小型になり、内臓フラッシュが搭載され、
マリンスポーツ好きな人に嬉しい、防水プロテクタも使えるようになりました。
E-P2買った人が、ちょっと可哀想な気もします・・・。
もうちょっと、じっくり開発・発売しても良いんじゃないかなぁ。。。
こんなに短いスパンで新製品を出したら、新製品を買っても、
「新製品を買った」って満足を得られる期間が減っちゃいますよね。
普通の人は、そういう気持ちってあんまり関係無いのかな?

ってゆーか、オリンパスはマイクロフォーサーズの普及に注力したいんだろうけど、
フォーサーズ規格が基盤の規格でしょう?
フォーサーズ規格には、昨年3月のE-620発売以降、嬉しいニュースがありません。
レンズも一通りの画角が揃い、ボディの進化もひと段落した感も無くは無いですが、
PENシリーズで、ほとんど進化の無い製品をバンバン出す元気があるなら、
フォーサーズにも何か新製品を。。。と思っちゃうわけですよ。

フォーサーズの開発、飽きちゃったのかなぁ。
デジタル一眼レフのシェアが伸びないので、徐々に止めようとしているの?
ワクワクさせて欲しいなぁ・・・オリンパスさん。