HIGH SPEED EXILIM EX-FC100。
今日、会社帰りに少し使ってみました。

アオゾラ。
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:1/3200秒
焦点距離:37.0mm 絞り:f/3.6 露出補正:+-0

アオゾラは、とりあえずスッキリ撮れてる気がします。
マイナス補正しなくても、濃い青が出てます。

コクーンタワー。
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:1/250秒
焦点距離:37.0mm 絞り:f/8.5 露出補正:+-0

ビルを拡大したりすると、解像が荒い感じですが、
前に使ってたμ780と遜色ないので、それはそれで良いかなー。
キバって撮ろうってカメラじゃないしね。

では、暗所性能を見るべく、ISO感度を変えながら撮ってみます。

まずはISO100。
ISO100
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:1/8秒
焦点距離:70.0mm 絞り:f/4.1 露出補正:+-0

ISO200。
ISO200
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-200 シャッター速度:1/15秒
焦点距離:70.0mm 絞り:f/4.1 露出補正:+-0

ISO400。
ISO400
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-400 シャッター速度:1/30秒
焦点距離:70.0mm 絞り:f/4.1 露出補正:+-0

ISO800。
ISO800
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-800 シャッター速度:1/60秒
焦点距離:70mm 絞り:f/4.1 露出補正:+-0

そして最大ISO1600。
ISO1600
HIGH SPEED EXILIM EX-FC100
ISO感度:ISO-1600 シャッター速度:1/125秒
焦点距離:70mm 絞り:f/4.1 露出補正:+-0

結論。暗所性能はイケてない。(笑)
ノイズもそうだが、色の変化も盛大だ。
今からHIGH SPEED EXILIM買うなら、3万円超えちゃうかもだけど、
後継機のEX-FC150が良さそうです。
ソニーが新開発して話題になっている「裏面照射型CMOSセンサー」を採用して、
暗所性能が格段に上がってるそうですよ。