ヒマだったので、お昼頃思いついて献血行ってきました。
連休中だったからか、12時ちょい過ぎで14:30からの成分の予約が出来ました。
すぐ行ってすぐ出来るのは、快適だよねー。

でも、そういう状況ってコトは、ドナーの人数が少ないって意味だから、
それはそれで困っちゃう状況なんだよね。
最近のニュースでも、新型インフルエンザのワクチン作るのに、
献血で提供された血液が必要だって言われているのに、
みんな「自分がやらなくてもいいか。」という態度ってことだ。
駅で係の人が献血の呼び掛けをしていても、みんな見向きもしない。
でも、新型インフルに掛かったら、ワクチン使うんだよね?

昔、献血カードを持っていると、優先的に輸血が出来るとか救急車がくるとか、
そんな話がありましたが、そういう特典もアリだと思います。
少なくとも、献血を元に作られるワクチンなどは、
優先的に摂取されても、おかしくないと思うんですよね。
その人は、そのワクチンで元気になれば、また献血してくれる人だろうし。

世の中、善意に頼るような仕組みが上手く回らないようになってる。
みんな自分の権利・利益を守るので精一杯みたい。