さて、聖蹟桜ヶ丘の花火大会の撮影報告です。
会場に2時間以上前に着いて、カメラはE-510、E-520の2台体制と、
気合を入れて臨んだ今回の花火大会。

hanabi-1
E-520 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:7.5秒
露出:f/11 露出補正:+-0

相変わらず、打ち上げ場所や撮影場所の下調べとかが、
甘甘だったのですが、地図見たって距離感とかも分からんので、
現地に早く入って、場所取れば良いかなーと・・・。

hanabi-2
E-520 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:7.2秒
露出:f/11 露出補正:+-0

そして、比較的良さ気な場所で二つも三脚を立て、
開会を待っていた僕は、撮影を始めるまで肝心な事に気付かず。。。
そう、人間には頭はひとつ。手は二本(利き手は一つ)しかなく、
目は2つあっても同じような位置に付いている。
そんな事があって、2台体制ってとんでもなく大変。

hanabi-3
E-520 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:4.5秒
露出:f/11 露出補正:+-0

一台はレリーズでバルブ撮影で対応。
もう一台はシャッタースピードを変えながらの撮影をしたのですが、
とっても大忙し。
レリーズを押しながら、もう一台のシャッタースピードのこと考えてると、
レリーズを離すタイミングが遅れちゃって、露出オーバーしちゃうし、
両手が空いている時間が少ないので、ズームや構図の変更には対応しきれず。。。

hanabi-4
E-520 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:2.7秒
露出:f/11 露出補正:+-0

そんな訳で、出来上がった写真はトリミングを余儀なくされました。
でも、トリミングも作品作りの一環だから、良いって事にしましょう。
ってゆーか、A2サイズとかに印刷するわけでもないので、
被写体によっては、トリミング前提になっても良いんですよね。
そのための10Mピクセルだよな。

hanabi-5
E-510 ZUIKO DIGITAL ED14-42mm F3.5-5.6
ISO感度:ISO-100 シャッター速度:4秒
露出:f/11 露出補正:+-0

是非、コメント・アドバイスを!
お待ちしておりますー。