飛行人(ひこうど)って番組があります。
毎週日曜日、21:54〜22:00で放送されています。
「本物を探して世界をめぐる旅」という趣旨で、
世界各国の様々なジャンルの「本物」を毎週紹介しています。

この番組で一番のインパクトは、仲村トオルのナレーション。
『番組は「世界をめぐる旅人」から毎回届けられる
「手紙」の形を借りて進行(番組HPより)』となっていて、
仲村さんが手紙を読むんですよ。カッコ良さげに。。。

それが何とも変な感じなんですよ。
無理して荒々しいというか、無骨な感じを出しているようで、
言葉が浮いてる感じです。
仲村トオルって、お坊ちゃんとは言わないけど、
中級階級以上の雰囲気を持っていると思うんですよ、僕。
僕の中では、肉体労働階級じゃないんです。
でも、「手紙」の言葉選びは「そのテ」の荒っぽさがあって。

その心地よい違和感は、癖になります。
狙って見る番組じゃないかも知れないけど、見られると嬉しいですね。