[割りばし死]遺族側の控訴棄却 東京高裁「予見は不可能」

まっとうな判決だと思いました。
詳しい経緯を僕がツラツラ書くつもりは無いけど、
こういう裁判で、もし医師側が負けることがあったら、
さらに医者のなり手が減るってんだ。

この裁判をはじめとして、医療過誤絡みの裁判が増えていて、
医師って職業はワリに合わないのかも。
昔は高給取りで、お金持ちになれる職業だと思っていたのに、
ふと気づいたら、なんてリスキーな職業なのかと・・・。
そして、対価が思ったよりも良くないって噂も・・・。

両親も、愛するわが子が事故で亡くなり、
誰かの責任にしたい、自分達に非がないという証明をしたかったのだろうが、
「自分達のせいではない=誰かが悪い」ということにはならないだろう。
子供は、割り箸咥えて走り回るような生き物。
自分で十分に危険を回避する能力が無いうちは、
親が目を離さないようにしなくてはいけない。
両親も、色々な事情で子供に付きっ切りが難しかったようなので、
仕方ない状況だったのかも知れない。

医者も万能じゃない。神じゃない。
病院に行けばどんな不調も見逃さず、治療できる訳ではない。
命を救えなかったことは残念だが、なんでもかんでも医者の過失にしちゃいかん。


そう、今回の事故は「仕方が無かった」という結論になると思います。