怒っている?
威嚇?


いえいえ。
いえいえっ。


笑顔も見せます。
笑顔で。


こんな風に猫の表情は楽しいのですが、
ただでさえ気まぐれな動物なので、「待ち」が大切。
そして、「待ち」が大切な被写体に「鳥」があります。
彼らはとっても臆病だから、あまり近づけないし動き出すと素早い。
ピントがビシッと合った写真を撮るためには、
事前に決めたポイントにピントを合わせておいて、
そこに鳥が来るのを待つ。。。

ひたすら待つ。




そういう事を何度かしてみたけど、僕は寒がりなので冬は駄目です。