ミニ三脚、ほんとにガッチリしてますよ。
いやー、キチンとした物は違いますねー。
世の中に何万もする三脚買ったり、重い三脚持ち歩く人の気持ちが
本当によく分かった気がします。

重い三脚&しっかりした雲台は、本当に良い作品に繋がりそうですね。
最近は、手ブレ補正機構の影響で、手持ちでもブレ無い写真を撮れますが、
それでもやっぱり、三脚は必須アイテムですよ。
E-510&ZUIKO DIGITAL ED70-300mm F4-5.6の重さでも、ガッチリ固定。
すっごいこの上ないような安心感ですよ。
もっと凄い物はあるんでしょうけど、今までのヘッポコ三脚とは雲泥の差!

こんな風に三脚の重要性を確認してしまうと、
これはもう、KTSの自由雲台をゲットするしかない!
と、膨らむ物欲。。。ヤバいです。
KTSの自由雲台、このブログでの記事を見て知ったんですが、
こういうブログなどのクチコミ的紹介記事で絶賛されてるんですよね。
ぜひ、その職人クオリティの雲台を見てみたいと。

でも、そうなると、雲台の付け替えが出来る
「ミニじゃない三脚」も欲しくなっちゃうね。
ヤバい、ヤバい。

そう。。。

今日近所の梅を撮ろうとお散歩したのですが、
今、テンション上がってるミニ三脚じゃ、高さが合わな過ぎで・・・。
雲台自体が、今までのヘッポコ三脚よりも良いんですけどねー。
そんな事もあって、今までの三脚の不安定さを強く意識し始めました。

そんな事もあり、今日の写真は消去しました。
なんだか納得いかない。。。面白くない。

カメラって、楽しいな。