オリンパスから新しいデジカメが発売されました。

SP-570UZ

このカメラは、ネオ一眼とも呼ばれたりする一眼レフと
コンパクトデジカメの中間に当たるタイプ。
その最大の特徴は、接写1cmのマクロ撮影から、
超望遠2600mmまでをカバーできること。
夜空のお月様を、画面いっぱいまでズームしても、
まだ性能を使い切れてないくらい。
しかも、一眼レフのように撮像素子が大きくないので、
それに伴いレンズもちょっと小さめ。
高性能なレンズも、やや小さめなら安価に載せられる。
そんな訳で、明るいF2.8-4.5のレンズ!
手ぶれ補正機能もついて、遠いトコにも暗いトコにも強いです。

そして、一眼レフと同じ撮影データをRAW方式で記録でき、
撮影後の現像、補正が、一眼レフと同様に楽しめます。
高速連写も画質によって、7枚/秒〜13.5枚/秒の速さで可能。
もちろん、最近流行の顔認識オートフォーカスや、
高感度撮影(最大ISO6400)も搭載。

サンプル画像を見ると、細かい描写は一眼レフには及びませんが、
L版サイズやA4サイズくらいの印刷なら、全然耐えられると思います。

一眼レフにはない使い勝手の良さ・多機能と、
コンパクトデジカメにはない高性能を備えたSP-570UZ。
コンパクトデジカメに、物足りなさを覚えた人や、
一眼レフのサブ機が欲しい人に、超オススメです!

テクニックより「撮りたい瞬間を逃さないこと」を優先するなら、
こういうタイプのカメラが、一番だと思いますよー。
デジカメ6台使ってきたおいらが言うんだから、間違いないっ!