昨日のHDD、調べていくとなんとなく結論が見えてきた。

「マザーボードとHDD」には、「137GBの壁」っていうのがある。
マザーボードが古いと、137GB以上の容量を持つHDDを着けても、
認識できないor正常に動作しない、という問題だ。

僕の母艦は、現在250GBのHDDを使えているので、
「137GBの壁」に該当しないマザーボードなんだと思っていたのさ。
しかし、ごく僅かな情報を調べていくと、
母艦のマザーボードでは、Windows上で動くプログラムによって、
137GB以上のHDDを扱えるようになっている、というような記述が見つかった。
Windows上で動くプログラムが必要であれば、
それはWindowsを起動するHDDには、137GB以上のHDDは使えないことに・・・。
そして、今、250GBのHDDは、データ保存用のDドライブにしている。

うーん、理に適っているな。。。

そしたら、この500GBのHDDは、どうしようかしら。
フォーマットもうまく行かんので、「137GBの壁」以外にも
「別の壁」があるのかも・・・。
うーん、母艦の大幅な改修に掛ける資金は無いしなぁ・・・。

とりあえず、真偽が確定していないので、もうちょっと調べてみます。