今夜で、一年間続いた大河ドラマ「風林火山」も最終回。
我が家には、奥さんの大学時代の友達が集まって、
みんなで「風林火山鑑賞会&鍋パーティ」をしました。
みんな号泣するつもりで準備していたのですが、
いざ始まってみると、突っ込みどころ満載の内容で、
イマイチ泣けない展開・・・。

特にGacktと信玄の一騎打ちについては、
その強引さに爆笑・苦笑してしまい、
感動のラストは何だか怪しい雰囲気に・・・。

そして、終盤まで要所要所で出てきておいて、
全然存在意義が見えなかった平蔵・・・。
最終回でどんな活躍があるのかと思えば、
Σヽ(゚Д゚; )ノ
っていう展開・・・。でも、シブトイ。
やっぱり、冴えない最後となってしまいました。
なんで、こんな扱いになる平蔵を、
色んな場所で、注目させるような脚本にしたんだろう?
みんな、そう思ったに違いない。

とりあえず、今回の「風林火山」は、
見ごたえのある面白い大河ドラマだったと思います。
次回は「篤姫」というドラマらしいですが、
キャストが豪華なので、ヘンテコなコトにはならないと期待して、
新年から見始めようかと思います。