はい。ハワイ旅行の2日目です。
現地の日付で21日です。

今日はダイヤモンドヘッドに登山して日の出を見るので、かなり早起きです。
ホテル前のお迎えが5時40分なので、仕事で早番の時くらいの早起きですよ。
ドタバタと用意をしてお迎え時間ジャストにホテル前に。
あれれ?もう、けっこう空は明るいぞ?
そのまま他のオプショナルツアー参加者と、バスに揺られて15分くらい?
ダイヤモンドヘッドに到着です。。。あれ?
山の入り口あたりでバスを止められ、降りるよう促されると、
そこにはもう、ライジングサンが・・・。
え?そうなの?日の出は山頂で見るんじゃないの?
ちょっと納得していない自分を感じつつ、一応日の出をカメラに収めます。
なんだか、勝手な予想をしていたんだな・・・僕。

そして、ある程度太陽が昇ったところで、もう一度バスに乗り、
暫く進むと大きな駐車場に。ここから歩いて山頂を目指すようです。
始めはなだらかな坂道で、ハイキングな気分ですが、
徐々に道はウネウネ&デコボコ。けっこう汗が出てきます。
時々、マラソン?している外人さんとすれ違ったりしましたが、
外人さんは何故に、こんな悪路を走っているのだろう。
速攻で足を挫いちゃったりしちゃうんじゃないかと心配です。
でも、進むごとにいろんな表情を見せる景色は、歩みを軽快にします。
もちろん、こういう時には写真も忘れちゃいけません。
荒削りな感じの山を、ワイルドな道のりを撮っておきました。
山頂近くまでくると、後は山登りじゃなく、ひたすら階段です。
けっこう急な階段があったり、トンネルを進むと螺旋階段もあったり・・・。
ここは戦時中、見張りとかをしていた建物だったのかな。
事前に全然、予備知識を入れてない自分を確認できましたよ。
景色はとっても良かったですー。
ワイキキ方面の街並みを見下ろすのも、雰囲気あって良かったし、
海は遠くがちょっとモヤってましたが、白い波がキレイでした。

そして、早朝登山を終えてホテルに戻ると、また速攻でお出掛けです。
今度もバスに揺られて、ハナウマ湾へ。
他のツアー参加者とキュウキュウにのったバスの中でも、
特に交流をしない僕たちは、一般的な日本人でしょうか。

ハナウマ湾に到着。
今回、僕が一番楽しみにしていたのが、このシュノーケリング。
何故かといえば、前に思いがけずゲットしたデジカメのオプション、
『マリンケース(700円也)』を使った水中撮影をしたかったから。
700円でもしっかり防水してくれるのか、デジカメは水没しないのか、
ちょっとドキドキです。
でも、エイッと水に浸けてみても浸水は無く、
700円でもバッチリ防水してくれました。
そして、シュノーケリングも初体験でしたが、これが楽しい!
安いオプショナルツアーだったので、何のレクチャーも無く始めたのですが、
思っていたより簡単。
ってゆーか、道具は「こういう使い方しかない」って形だし、
高いツアーでも、レクチャー受ける必要無いのかも知れません。
呼吸が確保されていると、こんなにも海の中を楽しめるんですね。
すごく海水が澄んでいることも要因なのでしょうけれど、
サンゴや魚って、とってもキレイ。
魚がとっても近くで泳いでいて、もうワクワクです。
となれば、撮影も気合が入ってきますが、・・・あれれ?
水中とは言え、シュノーケリングする程度の浅さなので、
日の光が明るくてディスプレイが見えません・・・。(泣)
露出の調整とかもカメラ任せで大丈夫なんだろうか?
そんな不安が出てくるものの、
ディスプレイが見えないとどんな風に撮れているかが分からない。
そうなると、もうテキトーにシャッターを切るしかない。
魚を見かけたら、なんとなく追いかけて、なんとなく構図をイメージ、
そしてなんとなくシャッターを切る・・・。
ちょっと楽しみが減ってしまった感じです。

また、マリンケースが同じ寸法の他の機種用のモノなので、
撮影モードの変更だけは、ケースを一度開けないと出来ず、
うっかり開けたのが運のつき。
もちろん、水が入らないように慎重に開けて、
モード変更のスイッチを操作したのですが、
湿気が入るってことは考えてなかったのです。
それ以降、マリンケースのレンズ部が曇る、曇る。(大泣)
動画を撮ってみたりもしたのですが、キレイに撮れてない感が満載。
ま、それでも「水中撮影」ってコト自体が、
シュノーケリングをより楽しいものにしてくれたと思います。
この旅行中、もう一回くらいシュノーケリングをしてみたいです。

魚類

ちなみに、夜に撮影画像を見てみたら、けっこう撮れていて感動。
後半、レンズが曇ってしまってからはイマイチでしたが、
前半、液晶ディスプレイが見えずにテキトーに撮った写真は、
それなりに雰囲気のある写真になっていましたよ。
マリンケース、700円以上の価値があります!
ホントに買ったら三万円近いモノだから当然だな・・・。

お昼過ぎにホテルに戻る。
シュノーケリングで味わった感動の余韻に浸りつつ、ちょっとお昼寝。
気付いたら夜でした。(泣)
昨日に引き続き、同じミスをしてしまうとは・・・。