310bf712.jpgCanonのPowershot S2ISをゲットしてからも、
いつも携帯してて、サブカメラとして重宝しているコンパクトデジカメ、DiMAGE
Xg。
コニカミノルタの小型、軽量、高速起動、シームレスマクロが売りの、
300万画素のデジカメです。
メインのS2ISはズームが利く代わりにデカイので、
サブは必須だなってコトで、便利に使ってはいますが、
最近の注目度は、後から買ったS2ISに傾いていました。

しかし、昨日、ハードオフという中古屋さんを何気なく覗いたら、
DiMage Xt用のマリンケースを発見。
マリンケースはカメラを水中で使うためのケース。
ケースにセットすれば30m防水となり、水中で操作・撮影ができるようになります。

ダイビング好きな友達も前から持っていて、水中の写真を見せてもらったけど、
なかなか楽しそうだったので、ちょっと欲しかったんです。
しかし、需要と供給の問題か、材質の問題なのか、
価格がめちゃくちゃ高いんですよ、マリンケースって。
今回見つけたやつも、定価で買えば20000円近くもします。
しかし、今回ハードオフで見つけた程度の良い中古は700円。

僕の持っているDiMAGE XgはXtの後継機なので、カタチはほぼ一緒。
ケースは、パッと見、新品のような感じなので、僕のXgがケースにキチンと納まってくれれば、
かなりの掘り出し物ってコトになります。なにせ700円ですから。
で、早速、合わせてみました。
そう、上にも書いたように、Xgは、いつも持って歩いているので。
そしたら、寸法は記憶通り、ピッタリ!
色んなボタンを操作してみますが、操作に関しても問題なし。
XtとXgは、ボタン配置もピッタリ同じです。
ってことで、さくっとゲット。(= ̄▽ ̄=)V
とってもお得なお買い物でした。

・・・しかし、何故か家に帰ってきてメーカのホームページを見ると、
XgにはXt用のマリンケースは使えないとのコト・・・。
液晶画面のサイズが0.1インチ大きくなったことと、
より操作しやすいように、部材の変更があったから、というのが理由だとか。
そなの???
でも、キッチリ蓋は閉まるし、操作も出来る。
マリンケースは、蓋さえ閉まれば防水出来るはずなので、きっと問題ないでしょ。
ってコトで、とにもかくにもお得なお買い物が出来ましたー。
今度、実際に水中で使ってみて、ホントに駄目かどうか、
確認してみたいと思います。