宮崎県の県知事に、東国原秀夫さんが当選しました。
テレビで報道されている当選前の演説を見たり、
知事として職務に当たっている時の発言を聞いたりすると、
真剣に県政を変えたいという思いを持っているように思いました。

でも、多くのタレントから議員や知事になった人が、
今までそうであったように、タレント時代のコトを引っ張り出してきて、
議会で叩かれたりするのが心配。
正直、新しい事実でも出てこない限り、選挙で当選した時点で、
議会で出す必要は無いと思うんですね。
有権者は、過去の行動も含めて考え、投票しているはずですから。

無用な個人攻撃をして、その人のやる気を削いだり、
無駄に時間を浪費するのは、やめましょう。
過去の話を引っ張り出さなくても、その人の言動などで、
「その人が変わったか」を判断できると思うので、
先輩議員さんたちは、静観するくらいの余裕を見せておくれ。

とにかく、東国原知事には、頑張っていただきたいですね。
芸能界で培ってきたバランス感覚で、人と人の調整をしつつ、
良い結果が出ることを期待しています。
テレビでのリップサービス、気をつけてくださいね。
揚げ足を取ろうと、狙っている人がいると思いますから・・・。