千葉県がロゴマークを制定したそうです。

色々な魅力があるのに、イマイチ垢抜けない県のイメージを、
払拭するために千葉にゆかりのあるデザイナーに依頼、
ひらがなの「ちば」を洗練されたデザインのロゴにしたそうです。

で。
早速、千葉県のホームページでロゴを確認してみましたが、
「洗練」って、なんだろう?って思いましたね。
一時流行った「へた字」のフォントかと思いましたよ。
県民からは、批判の声が寄せられているようです。
当然かも。

デザイナーにいくら払ったか分かりませんが、
こんなものは、公募にすべきだったのでは?
広報するお金が掛かるかもしれませんが、デザイン料より安く済んだのでわ?
安くするためにWeb限定でやるって手段もあったでしょう。

このニュースを聞いたときに、批判の意見がある人のほうが、
実際に意見を出すだろうから、肯定の意見のほうが少ないのは仕方ないと、
思っていたんだけど、実際にロゴ見るとねー。
千葉県の人が不幸にすら思える感じ。
ホントに、こんなものに税金を使ったのか?と問い詰めたい。
公務員の考えることって、夢のようなことばっかりで、
実が無かったときのことを考えなさ過ぎだよ。
そこまでして税金を使いたいかね?貯金しておけよ。
県政は、借金も無く、黒字ってワケでもないだろうに・・・。

デザイナーも、ある意味可哀相かも?
せめて、県が「ひらがなで。」なんて依頼をしなきゃ、
こんなことにはならなかったかもね。
デザイナーの人も、ある意味苦しい思いをしたと思うよ。。。
いや、今後が辛いかも知れない。

誰だよ、こんなこと考えて実行に移した人は。