マイクロソフト、IE7日本語版を正式にリリース
livedoor コンピュータ


昨日に引き続き、ニュースに対しての感想日記です。

とうとうInternetExplorer7が正式リリースとなりました。
ベータ版のときに、一度導入してみて『使い勝手がイマイチ』って書きましたが、
正式リリース版のコメントをちょっと調べてみたら、
セキュリティ上のアラートに関しては、だいぶ進化してるのが好評のようです。
今まで、セキュリティの警告が出ても、素人には意味が分からない文言で、
『結局、どうすればいいんだろう?』って思うことも多かった。
しかし、『このサイトは、ユーザ名とパスワードを安全じゃない方法で
送信しようとしています。よろしいでしょうか。』と言う趣旨の、
分かりやすいメッセージが表示されるようになったようです。

こういうのって大事ですよね。
セキュリティを強化するだけじゃなく、いかにセキュリティを身近にするか。
僕が先日受験した「情報セキュリティアドミニストレータ」も、
そういうコンセプトの資格です。
情報機器が身近になっても、潜んでいるセキュリティ上の問題を、
普通のユーザが認識しながら使えないと、駄目ってコトだな。
そんな問題を、少しクリアにしたInternetExplorer7は、
それなりに変えるメリットはあるブラウザだね。
使い勝手は、慣れるまで時間掛かりそうだけど・・・。