NTT東西が固定電話ネットサービスの新規受付終了、加入者伸びず
livedoor コンピュータ


サービス開始時に、「大丈夫かぁ〜?」とみんなが思ったLモード。
やっぱり終了が決定しましたね。
固定電話機で携帯電話と同じようなサービスをしても、
そんなに需要があるはずがない。
NTTの人は、何故気づかなかったんだろう?

携帯電話で利用されるサービスの内容は、
携帯電話だから妥協しているのだ。
メールを作る操作も、本体を自由に持ち運べて、
何処でもメールが出来るメリットがあるからOKなのだ。
家に居るのに、あんなデカイ機械でポチポチとボタンを押すのは駄目だろ。

コンテンツについても、携帯電話と同じ程度の見映えや内容じゃ、
家で利用するには、しょぼ過ぎると思う。
でも、携帯電話は小さい、持ち運びが出来る、
通信速度とデータ量のバランスから、情報が限定されてても、
利用者が満足できる内容となるんだと思う。

携帯電話のコンテンツに満足できない場合、
普通はパソコンを使うようになるが、
使い勝手に対する壁は、かなりの障害になる。
その壁を感じさせないような、携帯とパソコンの間に位置する商品を
NTTが開発してれば、もっと良いサービス・商品が提供できたはず。

NTTは携帯電話を持たない人をターゲットにしたことが、
間違いの発端だったんだろう。
携帯電話を持っているが、パソコンを持っていない人、
パソコンは難しい物、と思っている人をターゲットにしていれば・・・。

・・・難しいよね。