みんなびっくりしたかも、中田英寿の現役引退。

彼は、カズやゴンとは違う、熱さを持った選手だったと思う。
カズやゴンが、その熱さを表に出すタイプだとすれば、
中田は熱を内に秘めるタイプ。

そんな彼も最近では、周りに積極的に働きかけてる感じがして、
みんなを引っ張っていこう、みんなを気付かせるキッカケになれば、
そんな気持ちを持って、走って、叫んでいた気がする。

そんな思いで迎えたワールドカップドイツ大会。
彼は、最後まで日本代表の11人の中で、走っていた。
サッカーの戦術とか、良く分からない僕は、
彼と周りの選手との温度差のようなものがあるような印象を受けた。
それは、彼の描くサッカーと、回りの選手が描くサッカーの
違いだったんだろうか。

よくわからないけど、彼が必死に「何かを伝えたい」、
そう思ってプレーしているのは、分かったような気がした。

現役引退。
とても惜しい気がする。
もっともっと日本代表にいて、
その気持ちを、もっと他の選手に伝える時間をとっても、
良かったんじゃないかと思う。

ま、彼のことだから、
新しいステージでも、サッカーに関わって、
日本のサッカーの発展に貢献してくれるんだろうと思う。

今回の引退は、旅路の中間点。
もっとすごい、新しい世界へのステップなんだろう。
とりあえず、お疲れ様でした。