今日、InternetExplorerの最新版、バージョン7のベータ版、
InternetExplorer7 BETA2(IE7 BETA2)が公開されました。
IE7は、最近流行しているタブ型のブラウジングに対応し、
複数のページを快適に開く事が出来るようになりました。
また、IE7以前ではツールバーとして導入されていた
検索窓を標準で搭載している。
そのほか、ウェブサイトの更新情報を配信するためのRSSに対応したり、
フィッシング詐欺検出機能、閲覧履歴の削除、セキュリティステータスバーなどの
セキュリティ関連機能も追加されたようです。

こんな風に書いても、IE7がどんなに便利になったのかは、
良く分からない人もいると思います。
ま、実際にタブブラウザは、慣れれば便利だけど、
IE6までのクセが抜けないと、扱いづらいし、
IE7にすぐに切り替える必要があるんだろうか?
そう思い人も多いと思います。
僕も、別にタブブラウザでなくても、不便は感じないと思います。

しかし、僕がIE7でイチオシする機能は、印刷機能です。
この機能だけで、IE7にする意味がある気がします。
どんな機能かと言うと、大雑把に言って「印刷ページの最適化」を
してくれる機能です。
今までWebページを印刷する時に、ほぼA4一枚に収まる内容のページでも、
2〜3行が2ページ目に印刷され、紙を無駄にしたりした事ありませんか?
そういうケースを勝手に回避してくれる機能が追加されたんです。
これは、日頃Webページを印刷して保存しておいたり、
持ち歩いたりする人にとっては、すごく有効な機能だと思います。
僕の説明がウマくなくて、機能のイメージが沸かない人は、
このページをご参照くだされ。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/09/news033.html

正式版は秋頃のリリースとなるようですが、
興味のある方は、今からIE7 BETA2を導入してはいかが?
ダウンロードは↓からどうぞ。
http://www.microsoft.com/windows/ie/ja-jp/betadownload.mspx