毎年、成人式で新成人が騒ぎ、警官隊が出動、なんて話題がある。
そういう人は、大体ヤンキーのような格好で、
警察をはじめとする「チカラ」を恐れず、
自分の思うまま生きることをカッコいいと勘違いしている。

今の警察は、何かあれば「やりすぎだ」と騒がれてしまう。
警察がナメられている。学校の教師もそう。
こんなんで良いのかなぁ?
教師がちょっとした体罰で、保護者やマスコミに叩かれて、
解雇されちゃったりしては、好き勝手に振舞う生徒を指導しづらいだろう。
そうなっては、事なかれ主義な感じになってしまい、
生徒は教師の言うことなんて聞かなくなるだろう。
内申書とか関係ない生徒なら、なおさらだ。

こういうのって、「悪い事が何故良くないのか」っていうのを、
ちゃんと教えられてない人が、事件を起こすんじゃないかと。
悪いことをしてる子供に「誰かに怒られるから止めなさい」って、
そう叱る親が増えているようなのですが、まさにそれ。
「怒られるから、それは悪いこと」みたいにしちゃうと、
怒られる人が怖くなくなっちゃえば、言うこと聞かなくなるのは当然。
そしたら、「誰にも怒られないなら、悪くない」って思われちゃったり、
「怒る人を圧力or暴力で黙らせれば、怒られない。だから悪くない。」
そんな感じになっちゃう。
いや、「どんな時にも自分を曲げないのがカッコいい」そう思っているのかも。
例え、それが悪いことでも「何にも縛られないのがカッコいい」と思うのかも。
育ってきた今までに、考えたこと、経験したことが、
彼らの考え方を決めているのだから、今から直すのは難しそうだなぁ。

ルールを守って生きていくこと、人に迷惑を掛けないこと、
誰かを助けること、そいういうカッコ良さを感じられたなら、
ああいう成人には、ならないと思うんだけどなぁ。