アテンザの海外仕様は、MAZDA6の車名で販売されている。
せっかく日本名があるんですが、海外仕様の呼び名を使うのも、
『通』っぽくて良いと思うんですね。
そんなトコもあって、ナンバーは「6」を取得しました。

次?そうです。
オーナメントを「MAZDA6」にします。
オーナメントって言うのは、車の後ろに付いてる
車名やグレードを表すプレートです。
アテンザの場合、バックドア(リアハッチ)左に「MAZDA」、
右に「Atenza」とあります。
対して海外仕様は左に「MAZDA6」、右には何もありません。
したがって、海外仕様風にするためには・・・

1.左の「MAZDA」オーナメントの隣に「6」の文字を追加。
2.右の「Atenza」オーナメントを外す。

上記2工程でバッチリです。

とりあえず、「6」のオーナメントを手に入れましょう。
マツダ車の輸出用パーツといえば、知る人ぞ知る花澤パーツさんです。
オーナメントのような細かいパーツから、バンパーなんて大きな物まで。
輸出用のパーツはココです。

って事で、注文しますた。800円也。
「6」だけなので、とってもお安いです。
到着次第、取り付けます。
しかし、「Atenza」を取るか、取るまいか・・・。

それが問題だ。