今日はアテンザにウーハーを付けました。
前のスポルト子ちゃんで使ってた奴を移植しました。

安売りで1万円ちょいでゲットした補助的ウーハーで、
あまり良い音はしないんですが、小さいので取付け場所も選ばず、
それなりに低音が強調されるので、アテンザにも付けました。
ま、若者みたいに大音量でボンボン、ズンズンやる訳じゃないので、
このくらいで充分です。

しかし、カーステレオのメインユニットが、
メーカー純正品のため、ウーハー用の出力がなく、
ドアスピーカー用の配線をぶった切って割り込ませるという、
めんどい方法での取り付けとなりました。
配線を出すためのオーディオ周りの分解作業は、
前回のETC取り付けで、勝手が分かっているのでサクサク進む。

しかし、メーカーの純正オーディオって、電源からスピーカーから、
すべてが1つのコネクタになっているので、
まずはコネクタのどの端子が何の線なのかを調べることから開始。
先日、ディーラーで配線図をもらってきていたので、
それと現物を見比べながら。

もらった配線図と配線の色が違ったりもしたんですが、
コネクタの中の配線位置を示した図を元に、いくつかの線をテスタで調べる。
配線の色は違うが、コネクタの端子の配置は配線図とあっているのが確認できたので、
後は地道に配線を切って、接続用の端子を付ける作業の繰り返し。
バッテリー電源、アクセサリー電源、左右スピーカーの+と−。
接続端子を付け終えたら、配線の取り回しを確認してすべての配線を接続。
オーディオ周りを戻す前に、音を出して結線が正しいかを確認。

うん、ちゃんと低音出てる。

そして、配線の余長を配線結束用のテープでキレイにまとめておき、
オーディオ周りのパネルを元に戻す作業に。
配線は外から見えないけど、きれいにまとめておくと、
他の電装品を取り付けるときに、ゴチャゴチャしないし、
オーディオ周りを元に戻すときも、配線を傷つけたりしないので良いです。

あ、黒い配線結束テープの在庫が無い・・・。
ってことで、車内をバラした状態のまま、オートバックスへ。
作業開始前に確認しておけば良かったですね。
オートバックスには当然在庫があり、テープは280円でした。
買ったら速攻で帰宅。店の駐車場で続きをやったりはしません。

そして、買ってきたテープで配線をまとめて、キレイに元通り。
思いのほか面倒だったけど、初めの一回だけだからね。
しかし、メインのドアスピーカーの音がイケてない。。。
今度は、ドアスピーカーを交換したいなぁ。
安くゲット出来ないかしら。