MAZDAに新型アテンザの試乗に行ってきました。

お友達のアテンザ乗りが、試乗して良かったとの事。
それでマイナーチェンジしたアテンザに買い換えようかと悩んでまして、
そのマイナーチェンジで、どの位良くなったかを、僕自身で確認して来ました。

マイナーチェンジということで、
前期型より悪くなったトコは無い気がしましたが、良くなったトコは色々。
僕自身が感じた一番良くなったところは、乗り心地ですね。
前期型アテンザに比べて、路面の凸凹を綺麗に吸収しているようで、
乗り心地はかなり向上しています。
それでいて接地感はしっかりしていて、コーナリング時のロールも適度に、
足回りがしなやかに進化したことを感じました。
ボディ剛性の向上も、その要因の一つなのかも知れません。

また、今回注目の5速ATは、4速ATでは不満のあった
2速と3速のギア比の離れ具合を近づけ、スムースな加速を実現、
また、5速巡航時には今までより低回転での走行が可能となり、
クルージング時の静粛性、低燃費性能に貢献していると思われます。
ま、カタログ的な燃費の話は置いとくとしても、
静粛性と加速面はホントにスムースになったと思います。
先ほどの足回りのチューニングと相まって、さらに上質になった印象です。
2.3リッターのMZRエンジンも5速AT化に合わせて、
ちょっとチューニングをしてあるとか。
加速時に車重を感じさせない、低速からトルクのあるエンジンです。

あと、思いのほか良かったのは、23EXというグレードに設定された本皮シート。
僕は基本的に滑りやすい本皮シートを車に設定するのはいかがなものかと、
常々思っている人なのですが、この車では滑りにくい加工がしてある皮を用いていて、
ジーンズで座って、お尻を滑らそうとしましたが、布シートとそんなに変わらない感じ。
しっかりとホールドしてくれるので、「コレなら良いかも」と思いましたね。
僕が買う場合、チョイスはしないと思いますが、他の人がチョイスするのを止めないかも。

ってな訳で、乗ってみた印象はかなり良いです。
自分が欲しくなっちゃいました。(買わないけど。)
最近のマツダはとても魅力ある車を作れていると思うので、
興味のある方、このクラスで車をお探しの方、
ちょっと候補に入れてみても良いと思いますよ。