どこ日記。

September 2018

凄い風と、激しい雨。

2R243175_R

台風24号が日本を直撃ですよ。
東京も、今日の昼過ぎから激しい風雨。
明日の朝には東北方面に抜ける予想ですが、
寝てる間に、家が風で倒されないように祈るばかりです。
裏の川の氾濫も心配。。。



日本全国、被害が最小限になりますように。

会社の福利厚生的なモノで、チケットを入手して、
今日は、家族で味スタにFC東京vs清水エスパルス戦を観に!

2R295586_rct_R

って、朝から雨ですよー!(>_<)
座席は指定席だったのですが、ギリギリ屋根が掛かってる位置だったから、
風向きや雨の量によっては、濡れながらの観戦か???とヒヤヒヤ。
当然、腰痛を心配しつつレンズはPROレンズを持っていくことに……。
防塵防滴じゃないと、どうしようもないもんな。

2R294910_R

が、席はギリギリ雨に濡れず。あと2列前だったらアウトだったぜ。
ギリギリ濡れなかったので、念のため持って行ったM.ZD75-300mmも試写できちゃった。

2R294807_R

しかし、やはり雨中のサッカーは厳しかった。
300mmの画角が使えても、全然シャッタースピードが確保できない……。
動画利用なら良いかも。
そんな訳で、M.ZD40-150mmPROを中心に撮影をしながらの観戦でした。

2R295404_R

試合の結果は、FC東京 0-2 清水エスパルス!

2R296168_R

全体的にはパスの速度・精度とか含め、FC東京に光るプレイが多かったのですが、
後半いいリズムで攻められた清水が勝利しました。

2R294565_rc_R

さてさて。
先日の巾着田では、M.ZD75-300mmを意識して使いましたが、
M.ZD30mmMacroも、どうにか性能を引き出せないかと頑張りました。

2R243264_rc_R

そして、ハイキーだったり。ローキーだったり。
露出も色々変えて撮ってみましたが、M.ZD30mmMacroは中々良い色が出るぞ。
ローキーに撮れば、ベルベットのような艶のある朱に。

2R243267_rc_R

ハイキーに撮れば、透明感のある朱に。
そして、低価格のレンズながらも、解放からしっかりした解像。
ボケも綺麗な丸ボケですよ。やはり、ZUIKOレンズにハズレ無しだな。
いや、ハズレもあるかもだけど、M.ZD30mmMacroは確実に当たりだな。
まだ買ってない人は、すぐに買っておいて損はないですよ。

2R243323_R

m4/3の30mmは35mm判換算で60mm。
標準の50mmよりちょっとだけ長いけど、「注目」の気持ちを伝える画角だ。
最大2.5倍の近接撮影能力もあるから、手の届く範囲の感動はパシャッと行ける。

2R243585_R

そう、花だけじゃなく、美味しいスイーツも。
そして、スナップも。

2R243651_R

良いレンズだ。
でもSIGMA30mmもSIGMA_C30mmも良いレンズだから、
30mmの画角を持ち出したい時にはホントに悩んじゃう。

さて。
先日の巾着田で試写を頑張ったM.ZD75-300mm。

2R243186_rc_R

課題は当然、解放F値が大きいことによるボケの少なさ。
ボケを生む4要素、〔世襪瓩F値、△茲衙庄鸞Δ濃る、
H鐚迷里箸竜離を詰める、と鐚迷里版愀覆竜離を開ける。

この4要素を極力満たすようにすればボケるけれど、
M.ZD75-300mmでは,駄目なので、◆銑い魘卜亘たすようにしなければ。
まぁ、ボカさなくてもいい場面では、普通に撮ればいいんだけど。

2R243392_rct

定番の『朱ボケの中に一輪の彼岸花』って構図を撮ってみたけど、
∈蚤臻庄鵑300mmで、_鯤F値6.7で撮影。
そうなると、とい魑佑瓩襪海箸砲覆襪韻鼻群生地なこともあってムズイ。
手前の花が、もうちょっとボケて欲しい気がするけど、これくらいになっちゃう。
もっと角度や撮影位置を足で探して撮らなきゃダメか?

2R243236_rc_R

M.ZD300mmPROやM.ZD40-150mmPROなら、もうちょっとボケるから、
もうちょっと被写体を浮き上がらせた写真が楽に撮影できるよな。
とは言え、M.ZD75-300mmの価格を考えたら、十分、表現の幅を広げられるレンズ。

2R243184_rc_R

少なくともM.ZD40-150mm無印と比較した場合、
望遠側が倍になることで、撮りたい画を撮れる機会が増えるはずだ。
焦点距離が伸びたことでの手振れには注意すること。



結論。
300mmの画角が得られる楽しいレンズ。
ボケを得たい場合は、4要素を意識することである程度はカバー出来る。
シャッタースピードを確保しないと手ブレも被写体ブレも発生するから、
強力な手振れ補正のあるボディとブレない構え方で、ブレを回避せよ。

腰椎ヘルニアに対して、改善を期待していたブロック注射ですが、
先週打った2回目は、効果が無かったようです。
まだ左脚にビビッと来る痛みで、カッコよく歩けません。
可愛い娘ちゃんの抱っこもままなりません。


29928486407_40a21f8e3e_o

なので、明日。
3回目のブロック注射に行ってきます。
頼む、頼む。効いておくれ。
来月早々には、娘ちゃんの運動会もあるから、自由に動けるようにしておきたいの!

久し振りにオリンパスのサービスステーションを訪ねました。

2R243687_rc_R

用件は愛機、E-M1Mark2のグリップ剥がれ。

3L243517_rc_R

グリップを持った時に、指が引っ掛かるような、
人刺し指部分がフワフワした感触が気持ち悪くて見ると、
グリップ部分のラバーが剥がれ始めてきていました。

これは、E-3を使っていた時にも出た症状。

3L243513_rc_R

両面テープで止まっているだけなので、
テープを貼り直せばいいかと言えばそうでもなく、ラバー自体が伸びてしまっていて、
面を合わせても、余分なたわみが出来てしまう。
ラバー部品自体を交換しないとダメ。

3L243613_rc_R

って事で、サービスステーションで1時間少々。
綺麗に貼り直されたグリップは、手にジャストフィット。
E-5x0系の頃から好きな、オリンパスのグリップ。

修理代は3500円弱。
ちょっと微妙な価格って気もするけど、僕とカメラを繋ぐ部分だからね。

なんだかんだと毎年のように行っている日高市の巾着田。
そう、曼珠沙華ですよ。彼岸花ですよ。

2R243313_R

彼岸花の群生地、巾着田は川沿いのプチ林の中にあるのですが、
当然、基本的には日陰なんですね。
そうなると、明るいレンズを持っていきたくなるのですが、
腰痛に悩まされるどこ。は、日和ったチョイス。
唯一明るいM.ZD75mm以外は、M.ZDスタンダードラインのM.ZD75-300mmとM.ZD30mmMacro。
一応、お気に入りのSIGMA19mmをこそっとカバンの隅に忍ばせて。

2R243133_R

今回、キチンとM.ZD30mmMacroを使ってみたのですが、良いですねぇ。
Macroだから当たり前ですが、どこまでも寄れる近接能力と軽量さ、
それでいて、結構キチンと解像してくれる優秀レンズです。
1枚目と2枚目がM.ZD30mmMacroですが、良い感じだと思いませんか?

2R243459_R

そして、M.ZD75mmは相変わらず上手く使えないですが、
ふとした画に色気を与えるような気持ちにさせてくれます。
モノトーンで撮ってみたのも、艶っぽさを意識して。

2R243239_R

そして、日陰では厳しいのがM.ZD75-300mm。
木漏れ日の当たる花を探してのショットなら、十分イイ感じに。
って、もうちょっとだけでいいから、大きな玉ボケが欲しい……。



いや、健康な腰が欲しい。

今日は、前の職場で一緒だった子に誘ってもらって、
娘ちゃん連れでお散歩カメラに行ってきましたよ。
早咲のコスモスが主目的。

2R232388_rct_R

娘ちゃんは、人見知りしないお調子者なので、
こういう時に子連れで行けるのは、とっても嬉しい。

2R232403_rc_R

とは言え、子供の体力・集中力から、
一緒にお散歩カメラしていた方々には、色々ご迷惑をお掛けしたかと思います。
それでも、にこやかに対応してくださって、ホントに感謝なのです。

2R232921_rc_R

そして、今日はM.ZD75-300mmの試写も積極的に行ってきましたが、
やはりZD70-300mmと違って接写が弱い部分で、万能性には欠けるかな、と。
でも、ピントが来た部分には、十分な解像もあるし、何しろ軽い。
こんなに軽い300mm、m4/3ならではですな。

先日買った変身バイクは、とっても気に入ったようで、
自ら進んで、自転車練習を頑張っている娘ちゃん。

2R171800_rc

今日もパパさんを誘って、公園で練習です。
タイムを計ってみると、さらにやる気スイッチが入り、
自分のキックで発生する速度にビビりながらも、
頑張ってタイムを縮めていく姿は、とっても感動的。

良い結果を出して褒められたいって、娘ちゃんは言うんだけど、
頑張っていること、それだけでも凄いんだって思うんだよ、パパさんは。

腰の調子を様子見つつだけれど、お散歩したいなと。
そんな時、お友達から誘ってもらえて、子連れでお散歩カメラに行ってきます。

2R171789_rfc

楽しみー。コスモスや彼岸花が見頃かな?
M.ZD75-300mmがメインかな?
THETAも持って行こうかな?

ってことは、荷物が重くならないように、
レンズは控えめにしなきゃね。

ヘルニアの痛みが左脚を駆けるものだから、
今日、再びのブロック注射ですよ。

P9200177

また、あの恥ずかしいポーズでの注射。
今度こそ、効いて欲しいっ。

迫りくる腰痛の恐怖。
ヘルニアさんは、パッとは治るものでもないので、
これから長ーく付き合って行かねばならない。

って事で、これをポチっとな。

2R192318_rfc

カメラ用ウエストバッグ。
LoweProのPhotoRunnerというバッグ。
肩に掛けたり、背中に背負うバッグだと、背骨に重さが掛かるので、
それは椎間板に良くないんじゃないかと思い、ウエストバッグにしてみました。
ウエストバッグなら、骨盤より下に重量が掛かるから、
背骨に優しい、肩にも優しいだろうと。

2R192321_rfc

本当は、昔使っていたf.64のFPMってのが収納力や使い勝手が
間違いなくて良かったんですが、かなり前に販売が終了していて、
どこを探しても無い。。。
仕方が無いので色々探してみて、見つけたのがコレだったのです。

2R192323_rfc

ちょっとf.64のFPMよりは小さめなのだけれど、
収納量が多いと入るだけ入れちゃうから、このくらいがちょうど良いのかも。
↑の写真は、左からM.ZD12-100mmPRO、M.ZD75mm、E-M5Mark2、M.ZD75-300mm。
↓の写真は、左からM.ZD75mmを着けたE-M1Mark2、M.ZD40-150mmPRO、SIGMA_C30mm。
入れようと思えば、これでも結構入っちゃう。

2R192324_rfc

とりあえず、これを週末に使ってみて、使い勝手を確認してみます。
バッグの開閉がこれまで使ったことが無いWファスナーなので、
ちょっと不安もあるのよね。

僕は、あまりラーメンを食べないんですが、
ラーメン食べに行くとき、その2/3はラーメン花月・嵐に行きます。

そして、花月に行くとほぼ100%で注文してしまうメニュー。
それが『もんじゃそば』なのです。
もんじゃそばは、所謂「油そば」です。

2R172236

もんじゃそばは、テーブル備え付けの粗挽きブラックペッパーや、
一味唐辛子&ラー油をガンガン入れて、食べるのですよ。
かれこれ、20年くらい食べ続けてるんだけど、
こうして味を自分好みに変えられるのが、飽きない理由なのかな。

書いてたら、また食べたくなってきた。

M.ZD75-300mmとZD70-300mm。
ZD70-300mmは、フォーサーズの便利超望遠ズームレンズ。
広角側が5mm違うけど、画角が似ているから使い勝手も似てるのかと思いきや?

2R172195_rct_R

M.ZD75-300mmは、ZD70-300mmには出来なかった高速静粛AFが可能となり、
ジーカージーカー言った挙句、AFを諦めるようなことは無くなりました。

2R172257_rc_R

しかし、F値が暗くなった(F4.0-5.6→F4.8-6.7)他に、
使ってみると気になったのが、テレマクロが弱くなったこと。
ZD70-300mmは、ズーム全域で最短撮影距離0.9mで倍率0.5倍(35mm判換算で等倍)と、
望遠マクロレンズとしての性格がとても便利でしたが、
M.ZD75-300mmは75mm位置こそ最短0.9mですが、それ以外は1.5mと近寄れません。
これは、とても不満。

2R172276_rc_R

M.ZDにしてもZDにしても、基本的にOLYMPUSのレンズは最短撮影距離が短いのが多く、
「寄れない!」って思うことが少ないだけに、残念な仕様……。
慣れるしかないのですが、この一点だけでも「結構違うレンズ」だなって思います。

今日は、朝から曇天で、気持ちもどよよーん。

昨日、腰痛の改善がイマイチって思っていたけど、
やはり、朝起きたら調子悪かった。
これは、今週もブロック注射を打ちにいかねば。。。

2R161661_rc

カメラバッグを背負うのも違和感。
そんな中、家族との買い物ついでにE-M1Mark2にM.ZD75-300mmを着けて街に出た。

そして、確認してみると、M.ZD75-300mmが暗いことは動かしようのない事実で、
曇天や日陰でのシャッタースピード確保に苦労するけど、
明るさが確保できれば、結構良い描写をすることが分かった。

そして、ショルダーバッグのカメラバッグも暫くやめて、
ヒップバッグになるカメラバッグを探してみようかと思う。
レンズもホントに絞って持たないと……。

今日は夕方まで雨。
M.ZD75-300mmの出番は無し。
そして、ブロック注射は完ぺきではなく。。。
姿勢によっては、痛みがあることが分かりました。

1E261067_rfc

ちょっと心もシトシト。

ポチってしまったM.ZD75-300mm。
手持ちで300mm(35mm判換算600mm)という凄い奴。

通常、しっかりと手持ちした場合、
ブレない限界は1/焦点距離と言われているから、1/320秒で撮れる。
手振れ補正がOM-Dで最大5段分。1/20秒まではブレないハズ。
しかし、軽さ重視手E-PL6にすると、補正量はメーカー非公表。(何故?)
噂では効果無しとか効いても2段とか。。。

EPL6-MZD75300

M.ZD75-300mmと組み合わせてみたら、ブレてブレて。(笑)
いかに今までOM-Dの手振れ補正に助けられていたかが分かる。
1/125でもブレちゃう。
E-P1でも、もっと効いていた気がするんだけどな。
夜の1秒シャッターも切れたのに。

まぁ、PENはファインダーが無いので、腕のみの二点支持による撮影になる。
ファインダーがあるOM-Dは頭蓋骨の骨も使える3点支持。
もう、比較するのが馬鹿らしいくらい安定するのだ。

つーまーりー!

M.ZD75-300mmは、OM-Dと組み合わせて使うのが正解って事だ。
ドピーカンの時とかじゃないと、300mm手持ちは厳しいって事が分かった。
しかも、E-PL6は「半押し中手振れ補正」機能が無いから、
シャッターを押した瞬間しか手振れ補正が効かない。
MFアシスト(拡大MF)は、300mmじゃプルプルしちゃってMF出来ないってばよ。
ここは、AFを信じて、頼って撮ればイイって事なのかも知れないけど、
E-PL6やOLYMPUS AIRでM.ZD75-300mmを使う時は、ミニ三脚を使った方がベターって事で。




とりあえず、明日からの三連休でM.ZD75-300mm本気の一枚を撮ってくるぜ。

先日の腰椎MRIの結果が出まして、
手術の適用は無い程度なので、今後の一手としてはブロック注射!
と言うことになりました。

6L089368_R

お尻を高く上げて、尾てい骨近くにブスリ。
注射液の硬さを感じるような、「何か」を注入されてる感。
そして、お尻全体に拡がる痺れ。
気持ち悪い。。。

とりあえず、これで様子見して効かなかったら、
位置を変えてもう一本、それで効かなければ位置を変えてもう一本……。
なんて繰り返すようだけど、出来たらこれ一発で効いて欲しいなぁ。

腰は少しだけ痛みを感じる範囲が狭くなってきて、
動きに自由が出てきました。

5M097819_rc

とは言え、ちょっとバランス悪い体制になると、腰が「キュン♪」って。
いや、「ビリリッ」って。



脚の先まで痺れるね〜。

腰の痛みが、微妙に日常生活の邪魔をしてきている。
腰の負担を減らすため、通勤カバンを軽量にすべく、
愛妻弁当も、しばらく休止です。

そんな中。

OA000371

ずっと前から気になっていたコレをげっと。

P9100019

M.ZD75-300mmだっ。
一応、ZEROコーティングされた況燭任垢茵

P9100066

超望遠、35mm判換算600mmが、わずか423g。
マイクロフォーサーズならではの小型軽量超望遠レンズな訳です。
AIRにもピッタリです。筒感がすごい。

OA000374

F値が4.8-6.7と結構暗めのレンズだけど、それはそれ。
活かせる場所や活かせるシチュエーションを考えて使えばいいね。
暗いって言うなら、M.ZD40-150mmPROを出せばいいこと。
軽くて明るくて防塵防滴で安いなんて、都合の良すぎるレンズは無いのだよ。

一昨日の日中、電車の車窓から空を見上げると彩雲が!!!
停車駅での数秒で撮ってみたけど……。
手持ちの最大望遠はSIGMA Contemporary 30mm F1.4。

6L089381_rc

もともと逆光耐性もそんなに良くないレンズで、
ガッツリ太陽入れて撮ったもんだから、
彩雲なのか、何かの収差とかなのかが良く分からん写真に……。

軽量を考えていても、もうちょっと望遠持っていれば良かったな。
こういう時のSIGMA Art 60mm DC DNだろうに。。。

娘ちゃん、自転車練習中。
今日は、ちょっと下り坂のある公園に行ってみましたよ。
足で地面を蹴りながらバランス取るのは、
ちょっと難しいかな、と思って、下り坂で。
変身バイクは、ブレーキが付いているので、下り坂でも安心です。

5M097738_rc

ちょっとビビリな娘ちゃんも、徐々にバランス取れてきて、
時々はすーっと進むことが出来ました。



頑張れ、娘ちゃん。

Magnetic Resonance Imaging。
また受けてきましたよ。
結果は来週以降なのですが、腰が痛くてちゃんと様子を撮っとくことに。

6L089385_rfct_R

とりあえず、腰への負担を減らさないといけない気がする。

6L089421_rc_R

ってことで、痛みが引くまで、
しばらくPROレンズを封印しようかなと思っています。
やんなっちゃう。

腰の椎間板が一か所、首の椎間板が一か所薄めってことで、
湿布を貼りつつ、クリニックに毎週牽引に行ってるのですが、
正直、あまり改善せず。

P5120039_rfc_R

毎週末、身体が疲れた頃には左足の付け根辺りが
若干痺れたようになります。
来月は、子供の運動会もあるのになぁ。
ちょっとは回復しておきたいのだけど、無理ですか?

こういうのって、バキッと凄い痛いの一発で、
その後全然痛みが無くなった!みたいな治療を夢見ちゃうけど、
それは夢なんだよね。

コツコツリハビリするしかないのか。。。

つい先日、関西で台風が猛威を振るい、
甚大な被害をもたらしたばかりだと言うのに。

今日午前3時頃、北海道で最大震度7の地震が発生、
広い範囲での土砂崩れや、札幌市内をはじめとする液状化現象、
家屋の倒壊、道路の隆起・ひび割れなど、大きな被害を出している。

P8170047_rfct

特に道内全停電は、かなりのインパクトがあったと思う。
電力が必要な交通インフラも、経済活動も麻痺した。

自然災害はいつ起こるか分からないと言われるが、
今回日本を連続して襲った災害に、底知れぬ恐ろしさを感じます。

東京で同じ規模の災害が起きた時、
僕たちは、街は、この国は、どうなってしまうのだろう。
日頃の備えも、大事です。

今日は、キヤノンからフルサイズミラーレス一眼の発表がありました。
まぁ、フルサイズミラーレスは、先日ニコンからも発表があり、
噂では今月下旬にPanasonicからも発表があるそうじゃ。

そんなキヤノンの製品、一番のウリはレンズ交換時にシャッターが下りること。
強力なダストリダクションはなくても、蓋をしちゃえばセンサーにゴミは付きづらいな。
単純だけど、効果的な気がする。
やはり、レンズ交換を躊躇しないカメラっていいよな。

2R189386
まぁ、『一番のウリ』ってのは僕的に魅力的だから、そう書いたのだけど、
センサーサイズが大きいから、ダスト対策は誰しも気を遣う部分だと思う。
このキヤノンの手法で、ダスト対策に高い効果が得られれば、
それを理由に、キヤノンのフルサイズミラーレスをチョイスする人も多いはず。

SONYもニコンもPanasonicもキヤノンもフルサイズで潰しあいかぁ。
オリンパスは、このタイミングで『来年早々にm4/3のフラッグシップ発売』の噂が聞こえてきたから、
潰しあいには参加しないのかな?
うん、それがいい。
みんなが同じフォーマット、違うマウントで潰しあっても、
ユーザーにとって良い未来はなさそうだ。
それぞれ個性を生かして頑張りましょ。

最強の台風とも言われる台風21号。
関西地方を中心に、大きな被害をもたらしています。

2R138872

今日の渡月橋の破損や、関西空港の孤立化。
145万件の停電、京都駅のガラスの天井落下、
大阪府庁で車が吹き飛ばされるなど……。

本当に年々、異常気象になっていく気がする。
本当に2020年のオリンピックは、無事に開催、終了出来るのだろうか。。。

M.ZD9-18mm、M.ZD75-300mm。
性格の随分異なるレンズだけれど、同じ価格帯。
どちらも気になっている。

M.ZD9-18mmは、超コンパクトながら9mm(35mm判換算18mm)の超広角。
マイクロフォーサーズ初期に発売となったレンズですし、
F値は4.0-5.6とやや暗めで室内使いには厳しいか。
しかし、画質こそM.ZD7-14mmPROには遠く及びませんが、
他の追随を許さない圧倒的な携帯性。

今の僕は、荷物を軽くしたい場合の最広角はLumix G14mmで、
広角ではあるけど、「超」は付かない。
少し重さを我慢すればM.ZD12-40mmPROか。。。
いずれにしても、超広角9mmはとても魅力的だ。

むむ。

P9030010_rfc

そして、超望遠側。
今の手持ちレンズだと、最望遠はM.ZD40-150mmPROにMC-14を組み合わせた210mm。
これがまた、重いのよね。約1660g。
4/3で最大望遠420mm(ZD70-300mm+EC-14)を使っていた僕は、
やはり210mmは足りないのよね。
って事で、気になるM.ZD75-300mmですよ。
軽量な423gのレンズに300mm(35mm判換算600mm)の超望遠。
逆光耐性は特筆すべき高さで、何故か防塵防滴性能なし。

むむー。

って事で、ちょっとヨドバシに寄ってみたんですが、
M.ZD9-18mmは、ちょっと古さが気になる。。。
ちゃんと屋外で試し撮りしてみてないけど、なんだかウキウキしなかった。
軽量超広角にいくなら、LAOWAの7.5mmとかの方が楽しいか。。。

M.ZD75-300mmは、想像通り過ぎて可もなく不可もなくな印象。
でも、悪くはないモノだから、ネットで作例を漁って、
解像感とかをもっと確認してみよう。
防塵防滴だったら、悩まないんだけどなぁ。

ニコン、キヤノンからフルサイズミラーレス一眼の新製品情報が飛び出し、
カメラクラスタは賑わっているが、かなり信頼性が高い噂として、
Panasonicがフルサイズミラーレスを発表情報が!
マイクロフォーサーズのツートップとして、オリンパスと共に頑張ったPanasonic。
しかし、収益率やユーザーの声を勘案して、フルサイズに舵を切る決断をしたのかも。
もし、これが本当なら、今後、Panasonicはマイクロフォーサーズ製品を出さないかも?
マイクロフォーサーズでもうちょいシェアがあって儲けていれば、
2マウントを抱える可能性もあるけど、今のシェアじゃ、
マウントフォーサーズマウントは、捨てられちゃうだろうなぁ。
とは言え、ライカ銘のレンズを出せることや、8Kフォトがあったって、
Panasonicがフルサイズで大きくシェアを伸ばせるとも思えない。
どういった戦略でくるんだろうな。
客観的に見れるうちは、楽しみにしてる。
2R011487_rfc
ただ、ここでオリンパスまでフルサイズに移行って話になったら、穏やかには行かないぜ。
おいらも、マウント変更を考えないといけなくなるかも?
って、そうなってしまうと、切り捨てられるマウントのレンズは相場も暴落、
資金繰りがネックになり、スムーズにはマウント変更出来ない未来が見える。
その時、オリンパスユーザーは何を思うだろう?



またかよ、またなのかよ……。



いや、オリンパスはマイクロフォーサーズで頑張りましょ。
オリンパスには、強力な武器がある。
高性能なレンズでありながら小型軽量のシステムが組めること、
防塵防滴耐低温と堅牢性、そして強力な手ぶれ補正とSSWF(ダストリダクション)。

高感度耐性やボケ量、トリミング耐性などでフルサイズには及ばなくても、
マイクロフォーサーズならではのベネフィットを提案、提供していけば、
フルサイズに行かなくたって大丈夫だ。
小型デジタル一眼トップの地位を、揺るぎないモノにすれば良いのだ。

なんて書いたけど、どうするんだろう?オリンパス。
そもそもPanasonicの話も噂なのに、オリンパスユーザーが悩んでもはじまらないか。
でも、悩むよな。レンズ買い足すの考えちゃうよな。

今日も頑張る娘ちゃんは、リサイクルショップで変身バイクをゲット。

変身バイクというのは、流行りのストライダー(ペダルの無い子供用自転車)の一種で、
ストライダー的使い方に慣れたら、ペダルやチェーンを着けると自転車になるというモノ。
今回、リサイクルショップで見つけたのは、それの自転車換装部品無し。
ストライダー的にしか使えない変身バイクは、2000円と破格の安さ。

まぁ、うちの子はもう大きくて、普通に変身バイクを買うには
ちょっと遅すぎなんですよね。
バランス取るのに慣れて自転車に換装しても、変身バイクは12インチの自転車。
早くバランス取りに慣れたとしても、一年も変身バイクに乗れなさそう。

なので、中古のこいつを使ってバランス取りを身に付けたら、
16インチくらいの自転車を買ってあげることにしようと。

2R011259

買ってから家に帰ると、夕方だってのに乗りたがるもんだから、
急いで効きが悪かったブレーキの調整と、タイヤに空気を入れ直しをして出発。
近くの公園で30〜40分の練習をしましたよ。

まだおっかなびっくりですが、数秒は両足を離して走れるようなので、
これでしばらく遊んでもらって、小学生になる直前位に自転車に移行しよう。
頑張れ〜!娘ちゃん。

このページのトップヘ