どこ日記。

February 2004

最近、靴脱いだ後、足の裏がすごい疲れてるのだ。

動かしたり、指で押したり、右足のかかとを左の足の裏に乗せてみたり、
ともかくマッサージに努めているのだが、改善しない感じ。
お風呂でも揉んでみたりするんだけど、劇的に改善しないのかなぁ?

これって、運動不足から来てるのかな?
なんだかすごく血行が悪くなってる予感。
だれか、この足をとんでもなく軽くしてくれない?
針とか打ってもらおうかな。

ダル過ぎだぁよ。

オウム真理教代表、麻原氏に死刑判決が出た。
初公判から、判決までこんなに時間が掛かった。
たしかに、人を人が裁くなら、誰もが納得できる理由・証拠など、
キチンと確認した上で裁かなければいけないとは思う。
しかし僕は、『時間が掛かり過ぎている。』という思いが強い。
いや、誰もが思っているだろう。
しかも、まだ地裁である。

予想通り、高裁で争うべく控訴もされた。
ここまでと同じくらいの時間を掛けて、高裁で争うのだろうか?
裁判制度が全ての人にとって公平に扱われることは、
とても素晴らしい事だとは思うが、こんなにも反省の態度のない人に、
また時間を掛けて審理を行うことに、なんともやりきれない気持ちになってしまう。

本当は、後悔の念があるが『教祖だった過去』が邪魔になり、
それを表に出せない、そんなことは無いと思うが、
心のどこかで反省していて欲しいと思うのは、何故だろう?

もっとすっきりした手になりたい。

僕の手は指紋(手紋?)がとても濃くて、
ザラザラしているから。
いろんな人に『気持ち悪いなぁ。』って言われる。

もっとスタイルのいい手になりたい。
僕の手は指が短かくて、スタイルが良くないから。
細くないのに、短いのはイマイチだと思う。

もっと器用な手になりたい。
僕の手はあまり言う事を聞いてくれなくて、
いまだに快適なブラインドタッチも出来ないから。
でも、機械モノを組み立てたり、直したり、
結構みんながササッど出来なかった事を出来る時もある。

本当にダメな手って訳じゃないんだよね。
イマイチだけど。(笑)

夜、車で走っていたら、パトカーに止められました。

ちょっと快適速度で走っていたので、
『まさか、速度超過?』と思っていたら、
ナンバー灯、スモールランプの色が青かったので、
悪い奴と思われたらしい。

『あのランプは自分で交換したの?初めから青かったの?』
『車の中をチェックさせてもらえるかな?』
『木刀やナイフを隠し持っていないだろうね?』
『トランクも開けてみて。』
『カバンの中もチェックして良いかな?』
『これから何処に行くの?』

そんな感じで、色んな質問をされ、色んな場所を調べられた。
当然、凶器なんて出てこないよ。

どっちかって言うと、僕は人を刺すほうじゃなくて、
刺されるほうだと思うんだよなぁ。

今日、テレビで地下鉄サリン事件を扱った特番があった。
オウム真理教独特の教えとか、ホーリーネームなど、
当時ワイドショーで毎日のように扱われた内容が、
当時の記憶を思い出させる。

人は忘れていってしまう生き物だし、
僕のようにテレビで事件を見ていただけ、
当事者で無い場合は、ドンドン忘れていってしまう。
時々、こうして大きな事件を検証したりする番組は必要だと思う。
本も出版されているとは思うが、こうしてテレビで放送することは、
本には縁遠い人にも良い機会になると思う。
その事件を見て、感じたこと、考えたことを忘れないで、
間違った方向に進まないようにしなければ。

しかし、今振り返っても、本当に怖い出来事だな。

セットアップは嫌いじゃないです。
むしろ、楽しかったりする時すらあります。

でも、基本的にパソコンなんてものは、
データの保持に関して約束をすると、ろくな事にならない。
お願いされるのは全然構わないが、
『データが重要だから、出来るだけ残して。』って言われると、
結構一筋縄ではいかなくなる。

しかし、何が悲しいって、
どんなに試行錯誤しても、結果が『もとどおり』なので、
『ありがたみ』が薄いこと。
喜んだ顔見たいのに、案外あっさりだったりすると、
あの時間はなんだったんだ?と思うべさ。

4チャンネルで、『死刑』に関してのドキュメンタリーをやっていた。
内容は、たくさんの情報を満載って訳じゃないが、
気持ち的にすごく重いものがあったなぁ。

こういうドキュメンタリーって、
いろんな人の思いだとか、その背景とかを、
見たり想像したりして、すごくためになる。
教育って意味でも良いけど、人として大事なものを教えられる。
そんな気がしました。

今日、久しぶりにカラオケに行ったんだけど、
最近、あまり行ってないのが良くないんだな。
声が出ない。っていうか、高い声で歌った時に、息が持たない。

高い声が自慢だったのに、高い声が出なくなるなんて。

仲間が増えると楽しいよね。

人から繋がるネットワークと、

ネットワークで繋がる人と人。

ひろがる、ひろがれ。

先日から時間を作っては格闘していたお友達のADSL。
今日はプロバイダやNTTが営業してる時間に、
会社に行く前の午前中を使って戦ってきました。
しかし、設定を見直して一番シンプル構成でも繋がらなかったので、
まずはプロバイダに、契約確認の電話。
そして、繋がらなかった理由を聞いてビックリ。

『NTTのフレッツはどの速度にしましたか?』

どうやら、このどの契約にしたかをプロバイダに連絡しないと、
プロバイダはADSLを使える状態にしないそうだ。
ありえないだろー。そのくらいNTTとプロバイダで連絡取れよー。
申し込みはプロバイダを介して出来てるのに、
NTTはそのお客様がどう契約したかも連絡しないのか?
個人情報?なーに言ってんだ?

家でも色々試したけど、どうにもウマくいかない。
ま、実際に現地でやるのが一番だから、
明日は頑張るんだけど、どうしたものか。

うーむ。

ううーむ。

さて、早起きして行ってきました。
今回は記念すべき献血なんです。
僕が献血を始めて、早2年半。
記念すべき、30回目なんです。

初めての献血は、お約束とも言える運転免許試験場。
更新終わって気分が良いので、ちょっと寄ってみた。
そこで試しに400ml献血してみたんだ。
牛乳瓶2本分。それは体力に自信のない僕には冒険だった。
でも、実は大したことなくて、『へへーん。』って感じ。
そこで、定期的に献血をしようと思ったんだけど、
献血には、献血する量によって間隔を空けるよう決められていて、
400mlをしてしまうと、2ヶ月間は献血が出来なくなってしまう。
そこで目をつけたのが成分献血。
2週間の間隔を空ければ、また献血が出来る!
ってことで、2週間毎に献血してる時期がありました。

こうして向えた30回目。
記念の杯を頂いて参りました。
今度は50回目の杯を目指して、頑張ります。楽しみます。

行ってきますよ、久々の献血。
明日はお休みなので、予約まで入れちゃいました。
本当は1月の下旬には解禁になってたんだけど、
ちょっと多めに間が開いちゃった。
また、明日の次は年間可能量オーバーで、
期間が空いちゃうかもしれないけど、
たっぷり楽しんできます。

テレビでワン切り対策の話をしていた。
その究極の策とは、

『相手にしないこと』

だそうだ。
相手が何を言っても、切ってしまえば良い。
相手はこっちに切られれば、何も出来ない。
『使った覚えがないんだけど。』とか、
『放っておくとどうなるか。』なんて聞かなくて良い。
相手も、使ったから掛けてる訳じゃない。
切っちゃえ、切っちゃえ。

相手は何かとこっちの情報を聞き出そうとするが、
こちらからは、何もいう必要はない。
好きなだけ向こうに喋らせておこう。
ダメだよ、調子に乗って話しちゃ。
『うっかり』があると嫌だからね。

どうせなら、相手にちょっと仕返しのように、
嫌な思いをさせてやりたいけど、
時間の無駄だって思って、違うことに時間を使おう。
さ、遠慮は要らない。切っちまえ。

あ、僕の電話にもワン切りが。。。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

最近、電話の仕方を知らない奴が多い。
聞くだけ聞いて一方的に電話を切ったり、
友達でもないのに、馴れ馴れしく話をしたり、
こちらの話も聞かずに、怒鳴ってみたり。

人にモノを聞いた時は、お礼の一言くらい言いなさい。
敬語バッチリで話しなさいとは言わないが、
ある程度、失礼のない言葉を選びなさい。
人の話を聞かない人は、自分の話を聞いてもらおうだなんて、
都合の良い考えは捨てなさい。

世の中の人間は、小売業に従事する人間を見下してるのか?
昔、『お客様は神様です。』なんて事を言った人が居たらしいが、
それは、商売をする側が、お客様に対して思う気持ちであり、
消費者側が『俺たちは神様なんだろ?』なんて、
主張したりする言葉ではない。勘違いも甚だしい!
そんな勘違いさんは、逝ってよし。

子供が子供を育ててるような世の中になってきたな。
せめて、自分の子供には、シッカリと礼節をわきまえられる教育を、
学問だけじゃない、心の教育をしたいと思う今日この頃だ。

どうも話のペースを掴むのって、
自分の予測してた範囲の内容でないと、
なんともウマくいかないなぁ。

どんな時でもそうだけど、
落ち着いて考えて、話の内容を先回りして、
話を展開させるような技術が、
世の中を渡ってく上で必要なんだと思った。

経験。

それもあるね。
でも、なにしろ落ち着いて自信を持って、
冷静に話を聞くこと。
一呼吸置いて話をする余裕を無くさない様に。

振り返って、間違えてたことに気付いても、
取り戻せないときもあるけど、
別の機会の糧にすることは出来る。

ホントに。
最近、ホットカーペットでばかり寝てるので、
それだけで生活が乱れてる気がしてる。
生活のリズム自体も、乱れに乱れてるが、
なにしろ、寝る場所、寝る時間。

9日の日は、0時位に、ちゃんと布団で寝たんだけど、
翌朝7時くらいに起きたら、なんだかすごく疲れが取れてて、
やっぱりちゃんとした場所で寝なきゃって思ったりした。

さ、今日からは、しっかりベッドで寝なきゃ。

熱い!熱い!熱いっ!!
現在TVK、テレビ神奈川で再放送中。

今日の話は、最愛の恋人に死なれてしまったらしく、
かなり落ち込んでいる飛雄馬。
飛雄馬を終生のライバルとして、野球に打ち込む花形は、
どうにか飛雄馬を再び立ち上がらせようとするが、
落ち込んだ飛雄馬は、どんな言葉にも反応なし。
そんな飛雄馬に、それはもう、すごく悲しむ花形。

ところが、最愛の恋人を事を想いながら、
空を見上げると、夜明けの時間。
沈み行く月と、昇ってくる太陽に気持ちを新たにする。

そうして再び立ち上がった飛雄馬の目を見ただけで、
飛雄馬の親友、伴宙太は飛雄馬の復活を悟る。
抱きしめあい、今までの事を謝る飛雄馬。
何も言わず、それを許す伴宙太。
ある意味、究極の友情に、どこ。は涙したのだった・・・。

無線LANもADSLも自分で設定して、
人の分の設定まで色々やって、スキルアップしてきたと思っていた矢先、
その天狗チックな鼻を折られる、なんとも恥ずかしい事が。

フレッツADSLと無線LANの同時セットアップ。
どちらも自分でも使っているもの。
自分の環境と違うのは、ADSLがIPフォン付だったこと、
無線LANのインターフェイスがPCカードやUSBではなく、
イーサネットだったこと。
それでも、そんなに違いは無いと思っていたが、
設定入れても使えない。

前半使えていた無線LANさえもウマく繋がらず。。。
やばい・・・、いつでも、なんでも勉強だ。

かうんとだうんが始まったそうだ。
何の話って、吉野家の牛丼の話です。
先日、豚キムチ丼があまり美味しくなかったと書きましたが、
その時に食べておけば良かったかも。

って事で、明日までみたいなので、気になる方はお急ぎくだされ。

最近の僕の不思議現象。
それは、仕事中、気付くと左手の中指が汚れている事だった。
どこに触って汚れてしまったのか?
なぜ、中指だけなのか?
鉛筆のような汚れ。
僕の職場では鉛筆は使わない。
謎は深まるばかり。

自分の机の周り、いす、電話、パソコン・・・。
いろいろな所に原因を探してみたけど、見つからず。

しかし、原因はやっぱり自分のそばに有った。
それはアルミの名刺入れ。
上着の左ポケットに入れておいたんだけど、
その留め金の部分が擦れるたびに出るアルミの粉が、
中指に付いていたんだ。
ポケットに入れたまま左手で持つと、ぴったり中指の位置に留め金。
こうして、謎はとけて、安心して眠りに就けるのであった。

正直、期待ハズレだったですよ。

メインメニューである牛丼の代わりに、
吉野家はいくつかの新メニューを投入、
その一つである『豚キムチ丼』は、
豚キムチが好きな僕には、ちょっと期待の一品だったのに。

なぜか豚肉にちょっととろみの付いたアンをからませて、
キムチを仕上げに乗っけたような豚キムチ丼。
豚キムチって、豚肉とキムチを一緒に炒めるから、
美味しいんじゃないのか?
と、問イタイ。
問イツメタイ。
小一時間問イツメタイ。

って事で、牛丼が完全復活するまでは、
吉野家は厳しい戦いになりそうでゴザル。

夕飯に納豆を食べました。

昨日が賞味期限でした。

変な味はしませんでした。

一般的に、1日過ぎても問題無いのは知ってます。

それでもちょっとだけ悲しいのは何故ですか?

春はもう、すぐそこまで来ているのに。

割るって言っても、容器を割るわけじゃない。

お茶とかを買うじゃない、
それが、僕にとっては味が濃かったりするじゃない、
そんな時に僕は、半分くらい飲んだら、お湯で割るですよ。
冷めてたのが温まるし、味もちょうど良くなって、
とっても良い感じ。

お茶は、前からサントリーの烏龍茶の味が、
僕にとっては濃すぎたので、普通に薄めてたが、
ペットボトルのレモネードも、冷めるとめちゃくちゃ味が濃くなるので、
お湯で割って飲みたい物のひとつだ。

そう、最近、身体が薄味を求めてるのかも。

夜、なんとなくテレビをつけたら、
ジャパネットたかたのテレビショッピングがやっていた。
しかし今日のジャパネットはいつもとちょっと違う。
結構前から、たかた社長の他に塚本君という男が居ましたが、
今回から、さらに一人、中島君が増えました。
危うし、塚本君?

彼は今回、Baby−GとPSXを紹介してましたが、
彼のしゃべりは、ちょっと胡散臭い感じ。
しかもPSXは割引無し。高いよー。
最終的にジャパネットは何人出てくるようになるんだろ?
戦隊モノみたいに5人までが限界のような気がするけど。
いや、たかた社長だけで良いと思うんだけど。

僕は、昔からパソコンをいじっていて、
重ねた年数なりに、知識は付いている。

仕事場では、PC関連の知識が強い人が居なくて、
お客様のトラブルシューティングは専ら僕の役目。
僕も、トラブルシューティングは好きな方。
時にはパズルを楽しむかのような気持ちで、
問題点を探していたりする。

もちろん、プライベートでも、周りの人にPC関連のことで、
相談を受けたり、アドバイスを求められたりするのも、結構好きな方。
僕は、変にこだわりがある方だから、
全部が全部、その人の希望通りってワケじゃないかも知れないけど、
一応、僕なりに一生懸命考えてます。

パソコンが普及しても、ちょっとした設定の違いで、
とんでもない事になったりするから、
そんな事でパソコンから離れていかないように、
みんなが色んな楽しみを見つけられるように、
ちょっとだけでも力になれると、それはとても嬉しい事だ。

サポート係は今日も行く。
黒犬を従えて、町を闊歩している。

今日の雨って、久々だな。
1年半位前までは、雨の日って嫌な気分だったんだけど、
最近は嫌いじゃないんだ。

確かに雨の日は、ズボンのスソとか汚れたりするし、
傘も差さなきゃいけないし、なんだか行動が制限されるんだけど、
全ては気持ち次第だって気付いた。
雨の日にも楽しい事はある、そう思うと、
雨の日は、空から水が落ちてきてるけど、
それで楽しい思い出が作れないわけじゃない、
嬉しく思えることが制限されるわけじゃない。

そう、雨の日の楽しい思い出が出来たら、
みんなも雨の日が好きになるはず。
いや、思い出したら、雨の日にも楽しかった日があるかもよ?

寝れないんですよ、足が冷えちゃって。
ひざも冷えてるが、つま先がより冷えておりまする。
床暖房やホットカーペット、アンカなどの暖房器具を見て分かるように、
人間、足が暖かいと、良い感じなのだ。
足が冷え冷えだと寝れないのだ。

うー。ひざが痛いなり。
この冷え性は、いつになったら治るかな?
・・・治らんだろう。

今日はねーちゃんのだんなさんの建築士一級合格祝いで、
おとん、おかん、ねーちゃん夫婦で、すき焼きを食べたそうだ。
仕事で帰りが遅い僕は、当然、宴には間に合わず。

家に帰って、みんなが食べた後の鍋をつつくが、
やっぱりこういうのって、いくら美味しいお肉が入ってても、
味がしみてるうどんが入ってても、
一人で食べるのって、味気ないんだよなぁ。
最近、夕飯って『ただ食べてるだけ。』って感じ。
特に美味しい物じゃなくても良いと思うんだ。
そんな時に、美味しい物出されても、
味が良く分かんないんだなぁ。

人って、不思議な生き物だ。
感情に味を左右されるんだもん。

このページのトップヘ