この日を、本当に待ちわびていたましたよー。
今日はレ・ミゼラブル観劇の日。
レ・ミゼラブルを全然知らない状態で観た前回(H15)と違い、
今回は毎朝MP3で聴き込んで、ある程度覚えちゃったし、
小説も長編、短編とも読んで、事前勉強もしました。

そして臨んだ帝国劇場。
始まったら、あっという間でした。
前回に何の知識も無く観ていて、忘れていたことも、
観ていくうちに思い出したりして・・・。

今日の収穫。
別所バルジャンは、いつも聴いてるMP3の歌より、
すごく感情を込めて演技してた気がします。
『歌』と『演技』がうまく融合していました。

それから、彼女が好きな坂元アンジョ。
さりげないポーズがカッコいいかも。
体のバランスや腕や足の角度とかも考えてるのかと思う。
銃に火薬を詰めるアンジョも面白かったです。
熱い男、アンジョルラスでした。

今日の期待はずれ。
初めて鈴木綜馬さんのジャベールですが、
僕的にジャベールは、もうちょっと低音の声質のイメージなのですが、
鈴木さんは結構声が高くて、ちょっと違和感が。

あと、結構楽しみにしてた坂本真綾のエポニーヌは、
可愛かったが、ちょっと個性が無い感じ。
ダメじゃなかったけど、印象も薄かったな。

観劇後、出待ちもしたのだが、僕は何故か、
ファンティーヌ役のマルシアさんと握手が出来ました。
すっごい細い方でした。
こういう事をキッカケに、応援しちゃう事になったりして。
そうそう、マルシアさんはレ・ミゼラブルinコンサートの時より、
歌も良かったですね。

そうして結構満腹なMy初日を観れた僕は、
次の5月8日まで、もっとレ・ミゼを楽しめるように、
もっと勉強しておかなきゃね。