高嶋ちさ子のCDを買った。
『霧笛荘夜話』と題したそのCDは、
浅田次郎という人の同名小説のサウンドトラックなんだそうだ。

前から聞きたかったんです、高嶋ちさ子。
僕は、格調高い人じゃないので、クラシックなんて聴かない。
しかし、時にバイオリンやピアノの音色を味わいたい時がある。
そんな時に、曲からじゃなく、人から選ぶのも良いのかと。

高嶋ちさ子さんには、バラエティー番組で面白いトークをしてたのを
見かけてから興味があったんだ。
そんで、音楽番組でヴァイオリンを弾く彼女を見て、
またまた興味深くなった。
耳に優しいって言うか、素人にも親しみのある音色を出す感じ。
そんな感じに短く聴く機会はチョコチョコあったが、
しっかり聴く機会はなかったから、
この機会に買ってみる事にしたんです。

こういう音色を楽しむ音楽も、たまには良いもんだ。