はい、行ってきました宝塚。
宝塚の『男の中の男』、轟悠(とどろき・ゆう)さんが目当て。
切れ長の目で流し目されると、すげーカッコいいです。

で、今日見た演目は、宝塚らしい恋愛模様があり、
感動の部分もあり、そしてコミカルな部分がかなりあり、
面白い演目ではありました。

しかし、お目当てで行ったものの、
その轟悠さんの扱い、いや、現在の男役トップさんの扱いを気にすると、
なんだかビミョーな気持ちになったりしちゃうのでした。
宝塚は基本的に男役のトップさんが、主人公を演じるはずなのですが、
轟悠さんが出演する演目では、主役が二人?
いや、轟悠さんの方が良い扱いを受けてるようだ。
轟悠さんは元トップだし、それなりの扱いをしないとおかしいのは分かるが、
これでは、現在のトップさんが可哀想。
ってゆーか、トップさんを応援してるファンが可哀想。

楽しめたんだけど、なんだか切ない気持ち。
そんな宝塚でした。