西友に行ったのね。
西友では、一層お客様に満足して頂くために、
『レシートがあれば、喜んで返品を受け付けます。』との事だ。
告知ポスターに返品理由の例として、
『妻に頼まれたが、頼まれた品物じゃなかった。』
『娘に買って帰ったら、デザインが気に入らないって言われちゃった。』
『せっかく買ってやったのに、いらないって言うんだもん。』
『うちのインテリアには、この色合わなかったの。』
こんなのが挙げられていた。
たしか、似たような事をドンキホーテでも以前からやってるが、
これはどうしても、おかしい気がする。

ずいぶん消費者の勝手を許すんだな。
買う側の立場からすれば、上記の理由でも返品できるのは有り難いが、
買い物をする時に、買った側には『選んだ責任』ってのは無いのか?
勝手に自分で選んで『うちのインテリアに合わなかったの。』って返品?
頭悪いんじゃないか?
店側に『販売員が強く勧めてしまった。』とか責任がある場合は、
返品出来て当然とは思うが、ここまで消費者の言いなりみたいな商売をするのは、
日本人が『無責任化』する要素になっちゃうと思う。
ただでさえ『ゴネればどうにかなる』っていうヤクザまがいの消費者が増えてきているのに。
『お客様は神様、お客様が絶対!』なんて勘違いしてる奴を増やす結果になるぞ。

あぁ、日本が終局に向かっている。。。(泣)