オウム真理教代表、麻原氏に死刑判決が出た。
初公判から、判決までこんなに時間が掛かった。
たしかに、人を人が裁くなら、誰もが納得できる理由・証拠など、
キチンと確認した上で裁かなければいけないとは思う。
しかし僕は、『時間が掛かり過ぎている。』という思いが強い。
いや、誰もが思っているだろう。
しかも、まだ地裁である。

予想通り、高裁で争うべく控訴もされた。
ここまでと同じくらいの時間を掛けて、高裁で争うのだろうか?
裁判制度が全ての人にとって公平に扱われることは、
とても素晴らしい事だとは思うが、こんなにも反省の態度のない人に、
また時間を掛けて審理を行うことに、なんともやりきれない気持ちになってしまう。

本当は、後悔の念があるが『教祖だった過去』が邪魔になり、
それを表に出せない、そんなことは無いと思うが、
心のどこかで反省していて欲しいと思うのは、何故だろう?