ってことで、昨日の予告どおりアクセラの試乗に行ってきました。
一応、スポルト子ちゃんの後継モデルって位置付けなので、
マツダの正常進化の方向とかを見れるかなーと思って。
試乗は最上級グレードで。2.3リッターエンジンでした。

で、感想ですが、パッケージング自体は後継って感じですが、
全く別の車ですね。当然といえば当然だけど。
ボディはさらに進化した安全ボディ設計で、
かなり剛性感が上がってます。
しかし、足回りの設定をスポルトに比べて軟らかくしているので、
マツダのスポーツグレードにしては、乗り心地が良いです。
ただし、急な車線変更などの反応は、スポルト子ちゃんの方がクイックな印象。

2.3リッターのエンジンはと言うと、
スタートがほんの少し力無い感じがするものの、
基本的に全域で扱いやすいエンジン。
高回転まで気持ちよく回り、アクセルに対しての反応も良い。
十分にトルクも出てるので、スタートがイマイチなのは、
ATとの相性なのかも?
ブレーキ性能は悪くないが、タッチがイマイチ。
もうちょっとカチッとした感じがあると良いかも。
特にスポーツエンジンを載せたモデルなら、
ブレーキがカチッとしていないと、回すに回せない。。。

内装はアテンザ以降、マツダはオーディオから何からオリジナル設計路線で、
好き嫌いはハッキリ分かれちゃう感じ。
僕的にはDINサイズの市販品オーディオやナビが使えないのは、
ユーザー側に立ってない感じがするな。
シートは高さや角度を自由に調整も出来るもので、
材質もホールド性の高い布を使ってます。
高級感は全然無し。若い人向けな印象です。
前後に動かす時に使うレバーは、アテンザくらいから採用されている普通の車より
大きいモノで、女性の方でも使いやすいモノとなっています。
また、運転姿勢を左右するハンドルの位置ですが、
普通に付いてる上下の角度調整だけでなく、最近採用されていない前後に動く機構、
テレスコピックにも対応。自分にあった運転姿勢をとりやすい車です。
スイッチ類で気になったのは、ドアに付いてるパワーウインドウの開閉スイッチ。
表面処理がつや消しのプラスチックで、ちょっとチャチかも。

結論。
我がスポルト子ちゃんの方が可愛い。(笑)
アクセラは世界戦略車として販売するそうだが、室内の広さ、視界の広さは○。
ただし、あのボディに2.3リッターエンジンはちょっと疑問。
オーディオに自由度が低い、リアのデザインがのっぺりし過ぎてる感じがイマイチ。
運転のし易さとしては、女性でも満足できるレベルだと思います。
3ナンバーでも5ナンバーの感覚と変わらないでしょう。