最近コマーシャルやってるね、キヤノンの一眼レフデジカメ。
そこで気になったのが、CMOSセンサを採用してる事。
カメラではいい加減な物を作れないメーカーでも、
CMOSセンサを採用してるって事は、
本当にCCDでもCMOSでも遜色ない感じなんだろうなぁ。

ちょっと前の時代には、高画質・高価なCCD、
低価格だけど画質イマイチなCMOSってイメージが強かったんだけど、
CMOSも進化したんだなぁ。
低価格で良い物を、って事なら、高価なCCDをコストダウンさせるより、
低価格なCMOSを高画質化するほうが簡単だったのかな。

僕の中では『CMOSセンサは省電力』だったはずなので、
それがCCDに劣らないくらい高画質になったなら、
まさにすごく電池を喰うデジカメ向きなんだろうな、と思ってるのだが、
この認識は合ってるのかな?