先日、『ムーラン・ルージュ』のDVDを見て、
ユアン・マクレガー熱が少し再燃してきたところで、
劇中、最もお気に入りの『ユア・ソング』、
オリジナルバージョンたる、エルトン・ジョンさんバージョンをゲット。
早速、聞いてみる。

(・∀・)イイ!!!
けど何か違う。。。

エルトン・ジョンさんのユア・ソングは、
優しすぎるのですよ。
とても包むような優しさ溢れる愛を感じるのですが、
ムーラン・ルージュで僕のココロを鷲掴みにした、
あのユアン・マクレガーの歌のような力がない。
どんな逆境にも負けない、強い、燃えるような愛が、感じられないのです。

って事で、ユアン・マクレガーバージョン、
今度ゲットしなくては。
何度でも聞いて、あの世界に浸らなくては。