宝塚歌劇を観にいく事は、去年から趣味となっていたりする。
職場に宝塚ファンが居て、観劇に誘われたのがキッカケで、
もう何度か観に行っている。
普通の人はなかなかしない(と思う)、
『同じ演目を複数回観る』のも経験した。
『もう、一般人じゃないよー。』なんて、
そのキッカケさんには言われるけど、
ホントにそうなのかも。。。

そんな中、ちょっと気になっていた方の退団が決まったとの知らせ。
とっても落ち込むほど、泣けてくるほどのショックはないけど、
ココロに穴が空いたような気持ち。
いろいろ調べたり、過去の公演のビデオを見たり、
『ファンです!』って言うほどの何かをしてはいない。
ただ、『新しい演目は観に行きたいな』って思ってた。
そのくらいの気持ちだった。

でも、こんな風に寂しく思うって事は、
ナンダカンダ言って、やっぱり『好きだったんだ。』と思う。
きっと、あなたを好きだったんだ、と。

退団公演、絶対に3回は行きます。
演目に恵まれますように!