私は愛用のIBM ThinkPad(通称:赤鼻の黒犬)で、
モバイル生活を楽しんでいる。
仕事の時でも遊びの時でも、大体は一緒に出掛ける。
そして、出先での暇つぶしや情報検索等に使っている。

私がモバイル・コンピューティングを始めたのは、
やはりこの仕事を始めてからだろう。
私の仕事は、主に通信機器を扱っているのだけれど、
その通信機器を使ってのモバイル利用の提案や相談も、
私の仕事である。

コンピュータは使わないと覚えない。
私はそう思っている。
そこで手を出したのが、リブレットという小型のパソコン。
購入当時でも、かなり型遅れの品物だったが、
外出先でデータの入力やメールの送受信が出来る事が、
それほど便利かを体感してみたく購入をした。
そして、スペックだけの問題から、取り扱う内容によって、
コンピュータを選択すべき、そういう結論を持った。

そして、次に導入したのはWindowsCE機、ドコモのシグマリオン。
キーボードが付いたPDAでは最小最軽量の部類になるこのモデルは、
メールとちょっとしたWebの閲覧に大活躍。
なにしろハードディスクやファンなどの駆動部品がないので、
バッテリの持ちは抜群。これは手軽なモバイル入門機だ。
持ち歩くのにかさばらないのは、モバイル機器の必須条件だ。

そうして暫く便利に使っていたが、仕事でのメールのやり取りが増えると、
添付ファイルの閲覧が出来ないと、不便な環境になってきた。
エクセル・ワードはシグマリオンでも何とかなるが、
パワーポイントやアクロバット文書はどうにもならない。
そんな理由で導入されたのが、現在活躍中の赤鼻の黒犬だ。
価格と性能とバッテリの持ち重量で選んだ。

モバイルを実践する私が、至った結論。
『まぁ、使ってみないと分からないとは思うけど、
 モバイルは、いかに使うかが問題。
 機器を選ぶ時も、持ち歩く時も、電源を入れるときも。』
ってこと。各自、考えておくこと。