どこ日記。

雨の日の高速走行が怖くなってきました。
タイヤの山はフロントが2mm位となりました。
リアは4mm弱くらいでしょうか、どっちにしても交換時期です。

スポルト子ちゃんは、純正の今のタイヤでも乗り味が硬いので、
お客様を乗せた時に、ちょっと乗り心地が悪いです。
そこで、今回交換に当たっては、グリップより乗り心地重視で、
よりセダンっぽいタイヤをチョイスしようと思ってます。

でも、195/50R16。
このサイズでセダンっぽいタイヤ…。
ちょっと注文しないと無いようなサイズかも?

今日、職場の先輩のお母さんの告別式が有った。
僕は、昨日の通夜に行けなかったので、
今日の告別式に参加する事に。

顔も、声さえも知らない人だった。
それでも、親族の方から話を聞いたり、
先輩の人柄を振り返ったりすると、
この優しい先輩を育てた人なんだから、
すごく暖かいお母さんだったんだろうと。

生前、会って話したりしてみたかった。
そんな事を考えてたら、悔しい思いがした。
こんな事が無ければ、知らない人で終わった人だけれど。
それでも・・・。

今日は楽しい献血の日。
早起きして行ってきましたよ。

しかし、今日は寒かったせいか、
うまく血管が出ていなかったみたい。
普段からちょっと針を刺しづらい僕なんだけど、
採血は『ちょっと刺しづらいみたいです。』と予告しておいて、
細目の針を使ってもらって無事終了。
しかし、いざ献血になったら、これが上手く行かず。
一応、『ちょっと刺しづらいみたいです。』と予告したものの、
なかなか血管が見つからない様子。
しばらくして、見つかったみたいで針を刺した。
しかし、血が出てこない。
採血の時には、針から繋がったパイプから機械に向けて
血が流れるのが見えるのだけれど、それが無い。
そこで、看護士さんがザクザク血管探し。
それでもなかなか見つからず、やっと見つかっても『刺さりが甘い』との事。
それでも刺さってはいるので、採血を開始してみた。

問題は返血の時。
返血とは、成分献血で必要な成分を取った後で、残った血を身体に返す事。
刺さりが甘かったので、ゆっくり返していたものの、
返し始めると、針が血管から抜けそうになるようで、エラーになってしまう。
仕方が無いので、腕を反対側に換えてみたが、やっぱりダメ。
そんな訳で、結局抜いた血は帰ってこなかった。
・・・行ったっきり。
こうして成分献血は中途半端に終わり、僕は誰かの役には立てなかった。
通常の3分の1しか取れなかった血漿は、使ってくれない気がする…。
もったいないよぅ。
通常の献血の少ない方、200ml献血より50ml少ない150mlの全血。
これも使わないと思う…。
もったいないよぅ。

僕は誰かの役に立ちたかった。。。

献血に行ってこようと思う。
先週行ったら、年間許容量オーバーで出来なかったんだ。
そしたらなんだか、ストレス溜まっちゃって。

献血で気分転換。
誰かの役にも立つし。
早く血ィ抜いて欲しい。

どうも時間の使い方が良くないのかな?
うまくみんなとコミュニケーションが取れてません。
色んな問題点の中で、それが一番の問題点なのかもしれません。
もっと余裕を持てたら良いのだけれど、要領悪くてごめんね。

もう11月に入ってしばらく経つが、
出してはいるが使っていない。

電気ストーブ。

結局、先日色んな暖房器具がどれが良いかな?なんて書いたが、
買い換えるまでには至らず、昨年に引き続き彼の登場となる。
しかし、コンセントは差し込まず、僕のほうに顔を向けているだけ。
だって、だって。

ま、いいか。
もっと寒くなったら使うよ。
今のうちから使ってると、ホントに寒い時に耐えられなくなる気がする。

今日は総選挙の投票日。
一日の行動は、全く選挙と関係ないことをして、
夕方、家に帰ってきました。

しかし、家に帰ってまったりリラックスしようかと思ったら、
TVはどこ回しても選挙、選挙、選挙。
はぁ、ツマンナイヨ・・・。

確かに今後の日本がどうなるか、非常に重要な選挙ではあるものの、
僕的に、ピンと来る候補者がいなかったので、
今回は投票にも行かなかったし、開票結果にもあまり興味が無いのです。

でも、やっぱり生活に関わる部分でも、
この選挙によって良くなったり悪くなったりする訳だから、
ピンと来ない、じゃ無くて、ピンと来るまで調べたりするのが、
国民の義務なのかも。

デジカメの性能。
どんどん上がっていて、今では400万画素は普通みたいだ。
すごくキレイに撮れるようになってきて、
僕も200万画素のデジカメを買い換えたくなってきたりする。

でも、プリントする事を考えると良いけど、
ちょっと前のパソコンで編集処理したり、
メールで送るには画像ファイルサイズが大きすぎるか?
200万画素ですら結構大きめなのに。
いちいち縮小して送るのはダルいし。

世の中では、デジカメはPCで楽しむものじゃなくて、
印刷して楽しむものって事になってきたのかな?
それとも、世の中の人は僕が思うより画像編集に抵抗が無いのかな?

ん?うちのパソコンが遅いから?
パソコンを買い換えるのが良い?
デジカメにパソコン本体を縛られちゃイカンだろう。

なんの話してるのか分からなくなってきたが、
贅沢は敵って事だな。(謎)

当然、突然変化がある訳ではありませんね。
突然髪が抜け落ちたりもしませんでした。
いつもどおり、通常の一日を始められました。

でも、こういう節目を何かに使わなきゃいけないって思うので、
意識改革(謎)をしていこうかと思っています。
もう少し大局的にモノを考えられるように、
腰を据えて物事に取り組めるように。

そんな気持ちの変化のスタートラインとして、
この『三十路』って時間を使いたいと思います。

とうとう突入しました。
とりあえず一日目、少し背が伸びました。(嘘)

色々考えるのは明日にします。

先日、巻き爪を引っこ抜いてみたら、
そこがなかなか治らない。
いつもは、抜いた後しばらく痛いけど、
次の日には痛くなくなってる。
でも、今回は膿んだ痛み、結構歩く時とかに痛い。

痛いながらも、膿を出さないと治らないから、
思いっきり患部を押してみたりしたんだけど、
無茶苦茶痛い割に、膿はほとんど出てこない・・・。

このまま治らなかったら、ばい菌が全身に回ってお亡くなり?
指が全体的に膿んで、落ちちゃったり。(笑)

こんな傷でそんな事は無いんだけど、
もうちょっと、刺激的な傷口でも楽しいかも。
膿で親指の大きさが倍!とか。
でも、針で突いて膿を出したら、元の大きさに。
膿が入っていた穴に、オキシドールをタプタプ注いでみたりして。
うーっ、痛そー。(笑)


って、何を書いてるんだ。

なんだかムカつくんですけど。
こんなCMなら、やらない方が良いんじゃないの?
発案者は誰だ?制作費はいくらだ?
GOサイン出したノータリンは誰だ?

このCM見て505iSが欲しくなるなんて事は無いだろう。
ってゆーか、変に原色いっぱいな色使いが嫌。
出演者が陽気に踊ってるのも嫌だぜ。
おかしな振り付けも嫌じゃな。

・・・はぁ。

BS-iで放送しているドラマ『恋する日曜日』。
いま、地上波のTBSでもその再放送をやっているようだ。
ふと、テレビを付けたらそれがやっていて、
演じていたのはどこかで見たことある子。
タイトスカートのスーツを着たその子は、
絶対どこかで見たこと有るのに、思い出せない。

あどけない部分を残したその顔は、とても『純』な感じ。
うーん、誰かに似てるって言うことじゃなく、
『この子』を見たこと有るのに、思い出せない。。。

でも、番組終盤、この子が叫んだ時、
その声でハッキリ分かった。

篠原ともえ。

劇中ではハスキーさを抑えた感じで喋っていて気付かなかったが、
大声で叫んだその声は、間違いなく篠原ともえだった。
『基本的には美形なのか?』と思いつつも、
『篠原ともえを美形とか考えちゃうのって、なぜか敗北感。』とか思って。
でも、ドラマの内容、良いと思ったよ。

↓この回の番組紹介ページ。(PC用)
http://www.bs-i.co.jp/koisuru/backnumber/4.html

ZOOのヒットナンバーだな、Choo Choo Train。
僕が専門学校に居た頃流行った曲だから、
かれこれ10年近く前の曲。

最近、EXILEがカバーしてリリースした。
アレンジは原曲の雰囲気をほとんどそのまま。
最近変に原曲を崩してカバーするのが多いから、
原曲アレンジを大事にしたこの選択は、僕みたいに過去を懐かしむ人にも、
初めてこの曲を聞く人にも大正解だと思う。
ちょっとキーは落としてるのかな?
有線でも良い順位を記録しているようだ。

聞いてると自然に身体がリズムをとってしまう。
それに気付いても、ニヤーリしないように。

ってことで、昨日の予告どおりアクセラの試乗に行ってきました。
一応、スポルト子ちゃんの後継モデルって位置付けなので、
マツダの正常進化の方向とかを見れるかなーと思って。
試乗は最上級グレードで。2.3リッターエンジンでした。

で、感想ですが、パッケージング自体は後継って感じですが、
全く別の車ですね。当然といえば当然だけど。
ボディはさらに進化した安全ボディ設計で、
かなり剛性感が上がってます。
しかし、足回りの設定をスポルトに比べて軟らかくしているので、
マツダのスポーツグレードにしては、乗り心地が良いです。
ただし、急な車線変更などの反応は、スポルト子ちゃんの方がクイックな印象。

2.3リッターのエンジンはと言うと、
スタートがほんの少し力無い感じがするものの、
基本的に全域で扱いやすいエンジン。
高回転まで気持ちよく回り、アクセルに対しての反応も良い。
十分にトルクも出てるので、スタートがイマイチなのは、
ATとの相性なのかも?
ブレーキ性能は悪くないが、タッチがイマイチ。
もうちょっとカチッとした感じがあると良いかも。
特にスポーツエンジンを載せたモデルなら、
ブレーキがカチッとしていないと、回すに回せない。。。

内装はアテンザ以降、マツダはオーディオから何からオリジナル設計路線で、
好き嫌いはハッキリ分かれちゃう感じ。
僕的にはDINサイズの市販品オーディオやナビが使えないのは、
ユーザー側に立ってない感じがするな。
シートは高さや角度を自由に調整も出来るもので、
材質もホールド性の高い布を使ってます。
高級感は全然無し。若い人向けな印象です。
前後に動かす時に使うレバーは、アテンザくらいから採用されている普通の車より
大きいモノで、女性の方でも使いやすいモノとなっています。
また、運転姿勢を左右するハンドルの位置ですが、
普通に付いてる上下の角度調整だけでなく、最近採用されていない前後に動く機構、
テレスコピックにも対応。自分にあった運転姿勢をとりやすい車です。
スイッチ類で気になったのは、ドアに付いてるパワーウインドウの開閉スイッチ。
表面処理がつや消しのプラスチックで、ちょっとチャチかも。

結論。
我がスポルト子ちゃんの方が可愛い。(笑)
アクセラは世界戦略車として販売するそうだが、室内の広さ、視界の広さは○。
ただし、あのボディに2.3リッターエンジンはちょっと疑問。
オーディオに自由度が低い、リアのデザインがのっぺりし過ぎてる感じがイマイチ。
運転のし易さとしては、女性でも満足できるレベルだと思います。
3ナンバーでも5ナンバーの感覚と変わらないでしょう。

このページのトップヘ