どこ日記。

近場のソメイヨシノは、もう葉っぱになっちゃって。
でも、もうちょっとサクラが撮りたいなー。
そして、ダムも観たいなー。
で。両方の気持ちを満たす場所を。

2R074433_rc_R

奥多摩へ!
奥多摩には、奥多摩湖の小河内ダムと、白丸貯水池の白丸ダムがあるのだ!
そして、東京都だけど山の中なら、多少気温も低くてサクラが残っているかも???

2R074340_R

ってことで、奥多摩に向かったのですが、
その途中で連絡があり、MOTOさんが合流することに……。(≧∇≦)
ダム巡り(少しサクラも)にお付き合い頂きました〜。
一緒に白丸ダムの魚道にあるグルグル階段の下でパチリ。

P4070024_rfc_R

白丸ダムは、何度か訪問したことあったのですが、
ダムカードがあるのは秋に知り、秋から4月まではダムカードの配布が休止。
そう!この春を待っていたのだ!

2R074199

そして、その後は奥多摩湖へ。
残念ながら、奥多摩にはそもそも、ソメイヨシノが少ないのか、無いのか、
山桜が多少残っていたくらいで、サクラ満喫って訳にはいかず。。。

2R074414_rfc2_R

でも、ダムカードとダムカレーが、僕らに元気をくれました。(笑)

2R074273

宮ケ瀬ダムのダム放流カレーと違って、見た目優先でしたが、
付け合わせのサラダも色鮮やかで、美味しかったですっ。

先日の軽井沢の写真のRAW現像は、まだまだ進んでいませんが、
パッと気になった写真を数枚、現像しています。
その中で、意外とTG-4がイイ感じだな、と。

OLYMPUS AIRもそうですが、GPSで位置情報がExifに残るってのは、
旅を振り返るのには最適ですよ。

T3230166_rfc2

僕は、結構大雑把にしか計画を立てず、あちこち動き回るので、
撮った写真が「何処」で撮ったのか思い出せないことがしばしばある。

そんな時に、GPSが記録されてるなら、一発で場所が分かる。
場所が分かると、色々思い出すことが出来たりして、とても便利。
風景を撮る場合、ちょっと描写が甘い感もありますが、
AIRと違って、素早く構図を確認しながら撮影できる。

「コンデジ」よりも一眼を持ち歩きたいって思って、
あまり頻繁には持ち歩かないけど、TG-4はやはり良いヤツだ。

娘ちゃんの昔の写真を確認したくて、
HDDの中をゴソゴソ探してみると……。

なかなかイイ感じの写真がガツガツあった。

P4010292_R

なんか、分かっているけど最新の高価な機材を使っていなくても、
良い写真は撮れるんだよね。
娘ちゃんの良い表情が、ジャスピンで!
こんなイイ写真撮れてたの?おいら。ってビックリですよ。




新しい写真を撮りに行くのも大事だけど、
過去の写真を見返してみるのも、すっごく楽しいかもー。

Twitterで見かけて、「これは!」と思って買ってきましたよ。

6L028656_R

パンケーキ!
美味しそうで可愛い小物入れだっ!
そんな小物入れから……

チラッ。
6L028655_R

サイズがピッタリなのよ、パンケーキレンズに。
まずは、M.ZD14-42mmEZ。パンケーキズームです。
ほとんどOLYMPUS AIR用のレンズですが、ジャストサイズ。
単焦点揃えてお散歩のときに、こっそりパンケーキケースに入れておけば、
困ったときに頼れちゃう。

そして、チラッ。
6L028660_R

Panasonic LUMIX G14mmですよ。
とっても薄い単焦点パンケーキ。
うん、明るめ小さめ単焦点はいつ持ってても、助かるね。

そして……あうっ。
6L028659_R

SIGMA Artの中でも一番小さい30mmは、入らなかった。。。
残念過ぎる。。。


そして、チラッ。
6L028657_R

M.ZD17mmF1.8は、やっぱり厚めだ。。。

6L028658_R

保護フィルターを外すか、レンズキャップを外すかしないと入らない。
しかも、金属外装は重たくて。。。

6L028661_R

付属のストラップじゃ、すぐ千切れちゃいそうだ。
しかし、思った通り可愛い。(はぁと)



44歳男性がカメラバッグにぶら提げるのにピッタリだ。

先日、軽井沢の帰りに寄ったダム

ダムに寄ったら、ダムカードを貰わなきゃって思ったんだけど、
碓氷湖の管理事務所には、誰もいない……。
案内によると、普段は碓氷湖の管理事務所に人が居なくて、
用事がある(ダムカードが欲しい)人は霧積湖の管理事務所に行くようになっているのだ。

そうなると、ササっと霧積湖に向かうでしょ?
でも、夕方だったので、ダムの管理事務所には誰も居なくて。
案内によると15時くらいまでしか居ないようです。

しかし、ダムカードの発行は、備え付けの専用シートに必要事項を記入して、
切手を貼った返信用封筒と一緒に送ると、郵送で送ってくれるって!
そりゃー、申し込むよね。

6L028634_rc_R

そして、届きました!
初めての群馬県のダムカード!
群馬県全ダムは、集めるの難しいと思うけど、
何かの折に、集めていくようにしよう。

先週入院したフラッシュ、FL-600Rの修理が完了し、
本日、帰還いたしました。

6L028638_rfc_R

治ったFL-600Rは、チャージ速いね〜。
上には上があるとはいえ、これでも快適過ぎ。
そういえば、オリンパスの製品の一部で修理料金が変更になり、
一律料金だった品についても、修理工賃と部品代を分けて請求になります。
4/4受付分からだそうです。(プレスリリース)

フラッシュは対象外かも知れませんが、今回は一律料金だったとのことで、
きっと良かったに違いない。
そして、修理メモにこんな一文が。。。

「添付されたエネループが劣化しているため、交換をご検討ください。」

Oh……。
あまり気にしてなかったけど、良く見ると手持ちのeneloopは、
HR-3UTGって品番で、所謂第一世代のeneloop。
2006年の発売開始から2009年の第二世代発売までの間に製造されたもの。
これは古過ぎだわ……良く今も使えるもんだ。

ってことで、新しいeneloopに入れ替えをするです。

6L028664_rc_R

でも、新しいeneloopは、何度見ても可愛くない。
eneloopは、開発したSANYOが自社名よりもブランド名としてのeneloop、
使い捨てじゃない、loopするenergyという文化の普及を狙って大事にしていた名前。
電池本体にも、メーカー名よりもでかでかと書かれていた名前。
Panasonic製品になってからは、Panasonicがでかでかと、そして小さくeneloopのロゴ。
PanaはPanaでブランドを大事にしているのは分からなくないけど、
とにかく、eneloopなのにeneloopじゃないみたいで可愛くないっ。

そういう理由もあって、大事にSANYOのeneloopを使っていたけど、
そろそろ全数入れ替えの時期が来たって事ね。
もう10年越えてる子もいるかも知れない。



eneloop。



いままで、何度もチカラになってくれて、本当にありがとう。

今日から4月、快晴でスタート!
東京はあちこちでサクラが満開っ。
ってことで、昨日に引き続き、家族で昭和記念公園@立川へ!

なんだか、昨夜からすンごい疲れていたので、機材は厳選。
本体はE-M1Mark2とOLYMPUS AIR。
レンズは、望遠を久し振りの出撃、M.ZD40-150mm無印に。
それとSIGMA Contemporary 30mm DC DN、M.ZD7-14mmPROで。
後は、AIRに着けっぱなしのM.ZD14-42mmEZね。

あえて、重めのM.ZD12-100mmPRO、M.ZD40-150mmPROを外してみたのだ。

P4010136_rc_R

とりあえず、今日はOLYMPUS AIRの写真を何点か。
一枚目のアングル、一脚を使って高所から見下ろしで撮ってみたです。
最近、こういうAIRならではな写真、撮ってなかったなぁって。

P4010190_lr-2_R

そういえば、このピョンピョン写真も、AIRの方が撮りやすい。
ハズだったんだよな。
AIR FLOWってアプリを使えば、スマホの加速度センサーを感知して、
ジャンプしたらシャッター切れる、的な。

P4010152_rc_R

でも、実際は全然上手く行かなくて、さっさと撮るために、
手にスマホ持って連写するという……。
両手フリーでピョンピョンしたいのに。(;´Д`)

今日は、午後から家族でお花見に。
以前住んでいたあきる野市の秋留台公園に行ってみましたよ。

2R313167_rc

サクラは、ちょこっとだけピークを過ぎてる感じだったけど、
とりあえず、沢山咲いてて良かった〜!

2R313318_rc

そして、帰りに空を見ると今日はBluemoon。
※ひと月で二度目の満月。

2R313461_rc

そして、すっごい赤い月でした。
サクラと一緒に、パチッとね。

やっぱり、人多過ぎだと全然気持ちが入らないです。

OIP00042

会社帰りに、東京タワー〜六本木ヒルズ〜目黒川と
巡ってきたのですが、どこも人が多くてダメダメ。
集中できないので、何やってるのか分かんないような感じ。

まぁ、殆どボツ。



そういうことで。

都会のサクラ。

6L298614_lr-2

今日の帰り道、会社の周りをちょこっとお散歩してみたけど、
「ソメイヨシノとビル」で撮れるようなロケーションは無し。
ってゆーか、ソメイヨシノが無い。

土曜だ。土曜だ。

会社のそばに咲いているサクラ。

会社帰りとか、昼休み時間にパチリとしたいけど、
あまり近くにサクラが無いんですよね。
フラストレーションが貯まるです。

6L278521_rfm_R

時期が来る前は、例年よりアクティブにサクラを撮りに行く気があったんだけど、
実際は、そんなにホイホイ行けなくて。

関東地方は、色んな場所で満開の便りが聞こえてくる。
週末は、撮りに行かねば!

軽井沢からの帰り道、通りすがりに寄ってみた碓氷湖。
湖があるってことは、アレがある。
群馬県は山が多いから、30基くらいはあるようだ。

2R231232_rfc_R

そう、ダムがあるのだ。
碓氷湖にあるのは、坂本ダム。
特徴的な形は、碓氷峠を走っていたアプト鉄道を思わせる、
鉄橋のようなデザインなのです。カッコいいっす。

2R231240_rfc_R

そして、家族も一緒だと言うのに、もう夕方だと言うのに、
ナビの画面を見ると、近くにもう一つダムを発見。
行くしかない、行くしかないんだ。

2R231253_rfc_R

そして到着。霧積湖、霧積ダム。
元々砂防ダムとして作られ、補強を経て利水ダム化した碓氷ダムよりもデカい。
本格的ダムって感じだ。天端を車で渡って、管理事務所に行けちゃいます。

2R231261_rfc_R

思いがけずダムを2つも回れて嬉しかったが、
きっと、秋とかの方が良い景色を楽しめたんだろうなぁ。

また今度、かな。

今朝、背中の痛みにビックリ。
伸びをしたり身体を捻ると痛い、痛い。

2R241504_rfc_R

しかし、この痛みの原因に心当たりが無い……。
昨日のことを思い出してみても、負荷が掛かるような事はやっていないハズ。
老体のせいで、いつの負荷が原因か思い出せないのだろうか……。

9本目の三脚というか、3本目の一脚というか……。

娘ちゃんの発表会など、ビデオの撮影もするのですが、
やはり、ホールなどの会場では三脚を立てるのは邪魔ですし、
奥さんにお願いすると、元々「肉眼で見たい」派の奥さんは、
どっちにも集中出来ずないので、負担になっているみたいで。。。

ってことで、自立一脚を導入することにしました。
amazonのタイムセールでお安かったのでポチっと。
SLIK 一脚兼簡易三脚 モノポッドスタンド」です。

2R251712 (2)_R

まぁ、自立一脚って言っても、基本的には一脚なので、
無風無振動でないと安定はしませんが、
ホールとかで画角を決めた後は流しっぱなしって感じで録るなら、
倒れないように手を添えてるだけで良さそう。

2R251714 (2)_R

問題はビデオ用途なのに、ヘンテコな雲台が付いていること。
一応左右&上下パン出来る構造なのですが、操作はスムーズに出来そうに無く。

2R251717 (2)_R

そこは、自宅に転がっている過去の遺産から移植で対応することに。

2R251715 (2)_R

ちょうど3way(左右上下パンと水平角度調整)対応で、
クイックリリースが出来る小さめ雲台を着けてたトラベル三脚があったので、
雲台を移植してみると、なんともビデオ向きで良い感じの佇まいに……。

2R251722 (2)_R

付属のキャリングケースにも何とか収まって、
これからのビデオ録りが捗りそうだ。

2R251724 (2)_R

昨日の家族旅行の疲れも残っていましたが、
気になることは早めに済ませなきゃと、行ってきましたオリンパスプラザ。
何しに?フラッシュの修理ですよ。FL-600Rが故障しましたよ。

一昨昨日の娘ちゃん体操発表会で、FL-600R使ったのですが、
フラッシュのチャージに時間掛かり過ぎたり、
エラー表示が出るようになって、電源OFF/ONでも復旧せず。

フラッシュはFL-36Rもあるのですが、
結婚式での撮影とかは二台体制でフラッシュ撮影したいし、
(って、まだ招待されることはあるのか?)
そもそも新しいFL-600Rが先に逝くのは困る。

ってことで、チャチャっと修理に出すことにしました。
お疲れの娘ちゃんも「一緒に行ってあげる!」とのことで、
二人で新宿へごぅごぅ。

2R241430_rfc_R

今日の17F(サービスステーション)は、結構混みあっていて、
番号札を取ってから、娘ちゃんと遊びながら待つことに。
ただ待っているのも退屈なので、故障の動作チェックでも、と思って、
電源を入れてみると……

『ガガガガガガガガガガ……』

FL-600Rからスゴい音と振動が!(((゚Д゚;//)))
どうやら、フラッシュのズーム機構のギアが上手く噛んでないのか、
バイブレーター状態に。。。故障箇所が増えた?

ビビっていたら、直後に受付に呼ばれ、初めて見る社員の方に現象を説明。
めでたく(めでなくない)預かり修理となりました。
しかし、フラッシュは使用機会がかなり限られるのに、
壊れちまうもんなのだなぁ。

カメラ本体と違い、室内で使うモンだし、プラスチック製なのもあって、
打痕はおろか、擦り傷一つ無く、丁寧に使っていたのになぁ。

金額について色々説明を受けていたら、
隣で別のお客様を受けていた顔馴染みの社員さんが、
FL-600Rは一律料金での修理対応になることを教えてくださり、
思いのほか格安で修理できることが分かり安心して出せることに。
やっぱり、馴染みのSさんは、頼れるなぁ。



って、プロでもないのにサービスセンター顔馴染みって、なんだか嫌よね。

このページのトップヘ