どこ日記。

来月の試験の問題集が手に入ったので、やってみた。
テキストは途中までしか読めていないんだけど、
まぁ、今の実力を測定って思って。

2R215147_rc

結果は合格ラインを超えていたのですが、
4部門中2部門では、あまり余裕のない点数だった。。。

問題文や略称で意味が理解できなかったところ、
推測で回答を付けたものをチェックしておいたので、
そこを中心に、テキストに戻ろうと思う。



正確な理解が無いと、引っ掛け問題に引っ掛かっちゃうからね。
模試が合格ライン超えてても、キチンと勉強しないとね。



そして、星乃珈琲店ではアップルパイはスイーツ扱いでないことを知った。
アップルパイ、スイーツじゃないなら、なんなんだ?

来月の資格試験に向けて、今日は図書館で勉強することに。

2R215128_rc

勉強スペースは、受験生と思われる学生さんたちでいっぱい。
その片隅で勉強させてもらったんですが、
学生さんたちは、いつが本番なんだっけか?
2月18日くらいだっけ?
残り1か月弱、みんな頑張って!







って、おいらも頑張らなきゃなのだ。

雪、ちょっと楽しみにしていたのに。

2R144918_rct

寒いだけで雪が降らないのは、ホントに残念なのだー。
むむー。

写真は、手持ち1.6秒。
身体を預ける場所もなく、さっと構えて撮っただけ。
E-M1Mark2、ブレないっ。

集中しなくてはいけないときに、些細なことに気を取られてしまう。
やらなきゃいけないことを、なかなか出来ない。

2R143534_rc

うむー。来月、資格試験があるのに、困ったもんだ。

小さい買い物をしましたよ。

LC-62F。

LC-62FはM.ZD 25mm F1.2 PRO付属のレンズキャップですが、
同じφ62のM.ZD12-40mmPROにも利用できる。

2R185104_rct_R

と言うのも、M.ZD12-40mmmPRO付属のレンズキャップLC-62Dは、
キャップ外周が金属になっていて、その取り外しには中心のツマミをつまんで行う。
一般的なレンズキャップと同じように、外周をつまんで脱着が出来ない。
なんとも使いづらいのです。

2R185105_rct_R

そこにM.ZD25mmPROの登場。レンズキャップはφ62。
これは!と期待していたら、一般的な外周つまみも可能なカタチ。
外周は金属製ではなくなりましたが、高級感よりも使い勝手でしょ!

2R185111_R

ってことで、購入してみましたよ。
これで一つ、M.ZD12-40mmPROへの不満が減りましたよ。
これを機に、M.ZD12-40mmPRO付属のレンズキャップも、
LC-62Fに変更してしまえばイイと思う。

2R185120_R

で、今回もフラッシュや簡易撮影ブースを使わずにテキトーにブツ撮りしたのですが、
多少、光を回すことを意識して、机に白い紙を一枚置いてみましたよ。
光源の反対側に置いて撮影しましたが、有るのと無いのとでは大違いですね。

2R185121_rct_R

この「紙一枚」は、喫茶店でのスイーツ撮りなどでも、
紙ナプキンを利用して使える小技なので、使ってみてくださいね。

カーテンレールの上に、牛乳瓶を置いておいたのね。
数か月、そのままだったんだけど、今日、それが娘の頭の上に落ちてきた。
娘、カーテン引っ張ったりするから、それで落ちてしまったようだ。
幸い、たんこぶ程度で済んだようだけど、しばらく注意しなきゃ。

2R144480_rc

変なトコに重いものを置いたお父さんが悪かった。




ごめんね。

独身時代は、普通に朝食は食べない生活だったのですが、
結婚してからは、奥さんがキチンと朝食を食べる家庭の人だったのもあって、
朝食を摂ることが増えてきて。

2R155091_rct_R

今では、朝食を食べたいな、と思うようになりました。
人間、一日活動するために、朝食摂る方が良いのは間違いないトコ。
これも、結婚して良かったことなのかも。

先日の道志ダム訪問。

道志ダムではカードを配布していないので、
今日、改めて津久井湖記念館に行って、ダムカードを貰ってきました。

2R155023_rfc_R

でも、せっかく津久井湖まで行ってカード貰うだけじゃ……。
ってことで、夕暮れの湖を撮ってみたのですが、
今日も空の焼け具合がイマイチ。

DSC_0082

とは言え、朱の空を映した湖面に浮かぶスワンボートは、
とってもキレイでした。

家族で、千葉県にある「東京」を冠する夢の国に行ってきましたよ。

ここは夜の撮影が楽しそうな建造物が多いのに、
三脚が禁止だから、今まで色々苦労することも多かった場所。

でも、E-M1Mark2の強力な手振れ補正があれば、
積極的に撮影が出来ちゃうな。

2R144527_rc

でもーでもー。
今日は色々な都合で、花火を手持ち撮影ってのが
テストできなかった―。
勿体ないな。

でも、家族で楽しい一日を過ごせたので、二重丸です。

さて。明日は今季一番の寒さだとか。

おいらは家族でお出掛けの予定だ。

2M310018_rc

本当に雪を降らせることができるのか?

さぁ、掛かってきなさいっ!

ポル子さんに、チェーンは載っているから安心だぞ。

義兄がinfluenzaに罹ってしまいました。
週末、一緒に出掛ける予定だったのですが、残念っ。

2M180005_rfc

義兄は、いつもマスクしたりして、体調管理には気を遣っていたと思うのですが、
それでも罹る、influenza。

怖いよー。

今週、日本全国的に寒いらしい。

が、東京は雨も雪も降らないそうだ。

そう、寒いだけの週。

2R042593_rct_R

土曜日に家族で出掛ける予定があるので、
雨や雪でない方がベターなのだが、どうせ寒いなら……とも思う。




いや、おいらは寒さに弱い。
出来るだけ、暖かい日でありますように。
そして、寒いなら寒いで雪になりますように。。。

もうお気付きだと思うが、少し僕の中ではダムブームが来ている。
その理由の一つが『ダムカード』だ。
国土交通省と独立行政法人水資源機構が管理しているダムでは、
ダムカードというカードを配布している。
まぁ、ダムの紹介文と写真が入っているコレクターアイテムみたいなもの。

先日、宮ケ瀬ダムに行った時に、その存在を知ってから、
ちょっと集めたくなっているのだ。
以前から書いている通り、自宅から行けるダムが結構多いので、
まずは10枚を目標に、集めてみようかと。

_lr-2_R

で、今日の午後。
時間が出来たので、一番近くのダムにカードを貰いに行ってみた。
何度も訪問している津久井湖の城山ダムだ。
ダムの上を国道が通っていて、その先に相模湖や道志村があるので、
結構交通の便が良く、行きやすいダムなのだ。



_lr-3_R

で、ダムカードを貰ったら帰ろうかと思ってたのに、
事務所のお姉さんが、こう言うんです。
『他のダムにも行きましたか?近くだと本沢ダムとか、道志ダムとか。』

で、本沢ダムへは年末行った時の写真があったので、
それを見せると、本沢ダムのカードも貰えました。
そして、囁くんです。
『道志ダムへは45分位で行けますよ。』

2R093420_rc_R

気付いたら道志ダムの前で、いつものピョンピョン写真を……。

2R093400_rc_R

道志ダムは、かなり小さめのダムで、駐車場すらない。
しかし、その造りはちょっとおしゃれな感じで、味わい深い。
ここもダムの上に道が通っているのですが、バルコニー的なでっぱりがあり、
そこから下を見ると、放流口からの水流を見下ろせるようになっている。
後から考えると、もっとカッコいい角度を探して撮影すれば良かったな、と。

_lr-4_R

で。道志ダムを後にしたおいらは、そのまま道を進んで相模ダムへ……。
一日で、しかも午後2時過ぎに家を出ても、3カ所のダムを回れちゃうっ。

_lr-7_R

夕焼け空を水面に映す相模湖を見ながら、相模ダムに到着。
ダムカードは、ダム近くの交流センターなる場所でゲットです。
しかし、道志ダムのダムカードは最初に行った津久井湖で配布しているとのことで、
今日の所は、おあずけ。。。まぁ、またすぐ行けるからイイか。

_lr-9_R

相模ダムは、国道20号から見える位置にあるのに、
ダム自体には近付けないという、もどかしいダム。
ちょっと構造がゴツいダムで、近くで見たら面白そうなのに。

_lr-8_R

ダムの横には送電施設と思われる施設があり、
そういうのもあって、近付けないようになっているのかも。。。

_lr_R

ということで、夕暮れを迎えて今日は終了。
ダムカードは今日3枚もゲットで、合計で5枚になりましたよ。
そして、道志ダムのカードも津久井湖に行けばすぐにもらえるので、
6枚集まったみたいなもんだ。

そして、気になる次のダムは。。。

・三保ダム(丹沢湖)
・小河内ダム(奥多摩湖)
☆村山上ダム(多摩湖)
☆村山下ダム(多摩湖)
☆山口貯水池ダム(狭山湖)

☆はダムカードが無いダムのようだ。。。

今日、一日E-M1Mark2を持ち歩いていたものの、
一回もシャッター切らず。

P1040046

まぁ、買い物と食事をしたりしてたのですが、
ろくに歩かなかったから、シャッターに指が掛からなかった。

シャッター切らなきゃ、カメラもレンズも重りみたいなもん。
それでもカメラを持たずに出掛けられないのは、中毒だから。



午後からの冷たい雨。
未明には雪に変わっているかしら?
明日は、防塵防滴耐低温祭?

このページのトップヘ